事業所からのお知らせ

2021.01.07
名古屋駅前校

「始める」から「始まる」のです。

こんにちは! アクセスジョブ名古屋駅前です(^^♪

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

「とにかく始めなければ始まらない」

これはドイツの哲学者ニーチェの著作『人間的な、あまりに人間的な』に出てくるフレーズで、

筆者の〝座右の銘〟 のひとつになっています。

「哲学」と言えば、やれ「事物の根源」だの「存在」だの「理性」だの「観念」だのと、

凡人には到底理解できないことを難解な文章で説明する学問と感じる人が少なくないかも。

そんな中にあって、ニーチェは最も文学的で、人間の生への「力」と可能性を考えさせてくれる、

最も人間的な哲学者であると筆者は思っています。

 

ところで、「始める」と「始まる」の違いは?

「始める」は「~を始める」のように使いますから他動詞であり、

「始まる」は「~が始まる」のように使いますから自動詞ですよね。

「始める」は自分が主体であり、意思や意図をもって目標に向かう「行動」を表すのに対し、

「始まる」は自分の意思とは関係なく、受け入れざるを得ない運命的な「受動」を表しています。

 

何もしなければ何も始まりません。

何かを始めなければ、何も始まらないのです。

意思と目的をもって「行動」しなければ、変化を起こすことはできません。

「◯◯したい」「◯◯になりたい」と想い念ずるだけでは、何事もなしえない、ということは、

みなさん、すでに経験値として十分に理解していることですよね。

 

何かを成し遂げたいのなら、まず、自ら行動に移さなければなりません。

それは「就労」についても当てはまります。

「自立したい」「働きたい」「社会貢献したい」という立派な意思があるなら、

自信を持って、自立するための、働くための、社会に貢献するための行動をし始めましょう。

「始めなければ始まらない」は「始めればゴールに向かって動き始める」ということですから。

 

アクセスジョブ名古屋駅前で就労準備に取り組んでいる利用者のみなさんは、

自らの意思でアクセスジョブの扉を叩き、自らの意思で就労の準備を「始めた」人たちばかりです。

就労に向けて「どうしよう」「どうすればいいんだろう」と悩んでいらっしゃる方は、

是非一度アクセスジョブ名古屋駅前を覗きに来てください。

就労準備に取り組む人たちの姿を見れば、身体の中で、就労への歯車が動き始めるはずです。