事業所からのお知らせ

2020.10.23
お茶の水校

「本番に弱い自分」に打ち勝とう!の話

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

充分な準備も努力もしてきたのに、本番では緊張してうまくいかない・・・。

そのような悩みを持つ方は多いのはないでしょうか?

 

今日は、そんな緊張を克服するヒントをお話ししたいと思います。

 

 ①失敗を徹底的に分析

自分が失敗しがちなポイントを徹底的に分析することです。

「本番が不安だ」と思うのは悪いことではない思います。

大事なのは、これまで失敗した時の自分の精神状態を分析すること。

「焦った」「あきらめ」「軽く考えた」など

失敗をした時の精神状態を分析すれば、失敗しやすい自分の状態が

どのような時なのかわかります。

テストであれば、「焦った」時はいったん深呼吸とか

一問飛ばして次の問題にかかる・・・など対策を打ちことが可能です。

 

 ②気持ちを持ち上げる

自分自身に前向きな言葉をかけることによって、心を上向かせます。

アスリートたちは、試合での勝利につながるプラス思考を養うために、

練習中のみならず生活全般を通してこのようなことを実践しているそうです。

ポイントは3つ。

  1. ポジティブな言葉を使う
  2. 自信に満ちた態度でいる
  3. 繰り返し言葉にする

「いいぞ」「この調子」「楽しい」など、ポジティブな言葉をどんどん自分に言い聞かせます。

「できない」「疲れた」などネガティブな言葉を使ってしまったら、すぐに「でも頑張る!」と

ポジティブな言葉で打ち消すといいとのこと。

また、「〜しない」という否定形は避けるべきだそうです。

たとえば、「ミスをしない」と言うとミスのイメージが頭に浮かんでしまうため、

「満点をとる」といった肯定的な表現をしましょう。

 

 ③瞑想で集中力・創造力を高める

3つめは、本番直前に10分間の瞑想をすることです。

緊張や不安で気持ちが落ち着かないまま本番に臨んでしまいがちな方や、

普段ならなんなくこなせるのに本番で頭が真っ白になってしまう方におすすめです。

瞑想には集中力を研ぎ澄ませ、アイデア力を高めてくれる効果があると言われています。

ぜひ活用してみましょう。

 

せっかくここまで頑張ってきたのです、

120%の自分でぶつかって、後は果報は寝て待て!

落ち着いていきましょう!

 

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋