事業所からのお知らせ

2020.08.14
名古屋駅前校

「障害者雇用に関するアンケート調査」結果を読み解く 2/3

こんにちは。アクセスジョブ名古屋駅前です。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

前回に続き、愛知県が昨年の夏に実施した「精神障害者雇用に関するアンケート調査」結果を読み解きます。

調査対象は、障害者の雇用義務がある従業員数 45.5 人以上の愛知県内の企業のうち、

2018年6月1日現在、精神障害者を雇用しているすべての企業 1,456 社。

回答数は 684 社で、回答率は 47.0 %。調査時期は 2019年7月から9月でした。

また、回答数が最も多かった業種は製造業で、医療・福祉、卸・小売、運輸、情報・通信、

生活関連サービス・娯楽、建設、…などの順になっています。

 

さて、下は「精神障害者の採用経路」を表したグラフです。

ちなみに、有効回答は 630 社で、回答形式は複数回答〝可〟となっています。

〝ハローワーク〟を通じた採用( 346 社)が最も多くなっていますが、5割強という数字は意外と低いかも。

 

次いで、〝就労支援機関〟を通じた採用( 174 社)が多く、その内訳は

「就労移行支援事業所」が 135 社、「障害者就業・生活支援センター」が 28 社、

「障害者職業センター」が 11 社、などとなっています。

 

意外と多かったのは〝自社の直接募集〟で 123 社。

直接募集は、広告やチラシのような紙媒体ではなく、ホームページ上で行われることが多いため、

社名をピンポイントで検索する必要がありますから、求人情報に辿り着くことが難しいかもしれません。

また、PC 等の端末やインターネット環境がない場合も同様です。

地元の有名企業や特例子会社のホームページをこまめにチェックする、といった積極的な求職活動が必要です。

(アクセスジョブ名古屋駅前では、求職プログラムの中で協力しています。)

 

また、直接企業にアプローチできる機会として〝マッチング・サポート〟などの〝面接会〟があり、

今回のアンケートでは 90 社が面接会を利用して精神障害者の採用を実現したようです。

ただ、コロナ禍の中に合って〝面接会〟の開催が激減していますから、

ハローワークのホームページをこまめにチェックして〝面接会〟の開催を見逃さないようにしましょう。

 

求職活動における最大のポイントは「自らアプローチする」こと。

「待っていても」始まりませんから、自分から「見つけに行く」姿勢が大事です。

しかし、今は新型コロナウイルスに感染するリスクもあり、

ハローワークに直接出向いて求人情報にあたってみることが厳しい状況になっています。

ハローワークのインターネット検索はもちろん、

インターネット上の求人サイトや障害者向け就職支援サイトにも障害者枠の求人情報が掲載されていますので

〝使えるモノ〟は積極的に活用してみるといいかもしれません。

 

アクセスジョブ名古屋駅前では、

就職準備の支援プログラムのひとつとして「求職活動」のサポートもしています。

利用者のみなさんの適性や希望される企業の職場環境の検証をはじめ、

問い合わせサポートや見学同行、面接同行なども行っていますから、

安心して求職活動に専念することができます。

就職に関して不安を抱えている方は、是非アクセスジョブ名古屋駅前にお越しください。

いっしょに「未来」に向かって進んでいきましょう!