事業所からのお知らせ

2020.08.31
名古屋駅前校

〝あるべき姿〟を思い描こう

こんにちは! アクセスジョブ名古屋駅前です。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!

 

人はさまざまな問題を抱えて生きています。

日々、問題に取り組み、問題をひとつひとつ解決しながら生きているといってもいいでしょう。

 

さて、一口に「問題」といっても、実は大きく分けると2種類あります。

ひとつは「発生型」の問題、もうひとつは「設定型」の問題です。

 

「発生型」の問題とは、事故や災害などが発生し、普段とは状況が急激かつ大きく変化するなどして、

誰の目から見ても明らかに〝マズい〟と感じるような状況・状態です。

「発生型」の問題の場合、誰がどう見ても〝問題だ〟という「共通認識」ができていますから、

問題解決のイメージとしては、元通りの状態に戻す「原状復帰」になります。

また、さらなる課題としては、原因の追及や再発防止などが考えられます。

 

一方の「設定型」の問題は、予め設定されていた目標に照らして、予定が遅れていたりするなど、

このままでは目標を達成することができそうになくて〝マズい〟と感じるような状況・状態です。

「設定型」の問題では、目標と現状との「差」を明らかにし、原因を追究したり対策を講じるなどして

その「差分」を縮めていくことが課題になります。

問題解決のイメージとしては、現状からプラスにしていく成果の『積み上げ』になるでしょう。

 

であれば、「働きたい」という夢を持って頑張っているみなさんが直面し、取り組んでいる問題は

「課題型」であると言えますよね。

 

では、「働きたい」という夢を実現するための具体的な「目標」は決まっていますか?

-どんなスキルを、いつまでに身につけておくのか。

-どんなスキルを、どのくらいのレベルにまで引き上げておくのか。

ただ闇雲に課題やプログラムに取り組んでいても、目標(ゴール)が設定されていなければ

モチベーションが維持できなくなったり、息切れしてしまうことになりかねません。

 

目標を決めかねている人、目標を絞り込めていない人は、具体的な目標を考える前に、

「X年後、自分はどうなっていたいか」を思い描いてみましょう。たとえば…

「半年後、私は、事務職員としてPCを使ったデータ入力の仕事をしている」とか

「来年の今頃、私は、伝票処理や在庫管理、発注などの商品管理の仕事をしている」のように

目標を〝あるべき姿〟として思い描いてみてください。

そして、自分にとっての〝あるべき姿〟を現実のものとするために

自分にはどんなスキルが必要で、どんなスキルが足りないのかを考えてみてください。

その「どんな」が目標と現在の「差分」、達成すべき具体的な目標として見えてくるはずです。

 

 

目標を決めかねている人、目標を絞り込めていない人、

自分はどんな仕事に向いているのか悩んでいる人は、是非アクセスジョブ名古屋駅前にお越しください。

アクセスジョブ名古屋駅前は、そんなみなさんにとっての羅針盤。

一緒に進むべき道を探しましょう。