事業所からのお知らせ

2020.05.08
お茶の水校

お金は大切なのに離れていきがち・・・の話 ~浪費家の心理

こんにちは
アクセスジョブお茶の水校です。
 
お金の管理や使い方については、ご相談をいただくことが多くあります。
特に自分に「浪費癖」があると思っている人は
「このままではいけない」と思っている人も多いのですが
なかなか自分で修正ができないことが多くあると感じています。
 
今回は、浪費癖の心理についてお話をしたいと思います。
 
 
 ① 趣味にお金をかけたい
 
趣味を持っていたいと思い探してみると、興味のある趣味に出会える時があります。
この趣味に対して、お金をかけたくなる場合もあるでしょう。
もっと充実させたい、楽しめるものにしたいと考えているのです。
このような時には「せっかく見つけた趣味だから」と思い、
浪費家の心理になる可能性があるでしょう。
 
 
 ② 現実逃避をしたい
 
現実ではお金を得るのが難しい、
これが分かっているからこそ浪費家の心理になることがあります。
現在の自分の貯金額についても把握をしたくないと考えて、
見ないふりをする人もいるでしょう。
 
貯金額や毎月の収入などに対して意識をすると、
日々が暗くなってしまうように感じるからです。
このためには現実的な内容についてあまり考えずに、
現実逃避をしようとするのです。
 
これを無意識のうちにしてしまう人もいるでしょう。
気が付けば、浪費家の心理になっているというケースもあるのです。
 
 
 ③ 満たされない思いがある
 
自分の生活に満たされない思いを抱えたままの人もいます。
満たされない思いについては、何が理由か分からないままなのです。
 
満たされているように感じる人を見ると
「あの人のようになりたい」と思うかもしれません。
 
でもどんなに努力をしても無理なように思うので、
自分の好きなものを買うことにより少しでも満たされようとするのでしょう。
 
 
 ④ ストレスを発散したい
 
人によりストレス発散の方法は様々です。
「好きなものを買う」という場合もあるでしょう。
 
元はあまり買い物好きではなかった人でも、
たまたまネットを見ていて欲しいなと思うものがあり購入をする時も。
そして手元に届いた時に、とても嬉しいと感じるかもしれません。
 
これを何度も繰り返すようになり、
ストレス発散できていると感じることもあるでしょう。
この思いを知ってからはストレスが溜まってきたと感じると、
すぐにネットショッピングをしてしまうケースもあるのです。
 
後から「自分にとってさほど必要ではなかった」と分かることがあるかもしれません。
でもネットで見ている時には、欲しくて仕方がないので、購入に至るのです。
 
 
 ⑤ 必要なものが多く感じる
 
欲しいものを見つけてしまうと、
頭の中にそのものが必要な理由がいくつも浮かぶのです。
 
自分が既に持っているものでも「買い替える理由」を考えてしまうため、
きりなく欲しいものが浮かんでしまうのでしょう。
自分の中で欲しいと思うものをすぐに買える自分でいたい、
こう思う気持ちもあるのです。
 
これができる自分は、人とは違って優れている、暮らしが豊かだと感じたいのでしょう。
自分の理想とする自分になりたいと思った時に、浪費家の心理になることもあるのです。
 
 
 
浪費家の心理になる時には、自分の中でストップできない思いがあるかもしれません。
でも衝動的に手に入れようとするのではなくて、
冷静に判断するように一度購入するのをやめてみることが必要です。
 
 
よく考えたうえで、
自分でしっかりと納得できるものだけを購入していくことがとても重要です。
 
 
アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中
 
お気軽にお問い合わせください♪
 
 
#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋