事業所からのお知らせ

2020.11.26
お茶の水校

こんな同僚は嫌だ! その①

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

就職をしたり、人の集まりに参加すると

周囲に自分の理解のできない人が必ずいます。

ちょっとしたイベントであれば一時的なものですので、やり過ごせますが

それが職場ともなると、毎日顔を合わせなければならず

そのストレスも大変なものになります。

 

今回は、「こんな同僚は嫌だ」と題して、職場で敬遠されてしまう人をピックアップしてみました。

「他人の振り見てわが振りなおせ」とも言い、

そのような人がいたら、反面教師にして、自分の身を正す機会にしてみましょう。

 

【性格的に嫌われてしまう人】

 01.意見がコロコロ変わる人

会議などでも他人の意見に影響を受けて自分の意見が変わる人です。自分の意見に信念が感じられません。

 

 02.「知ったかぶり」をする人

かじっただけの浅い知識で、しゃべる人の話は、イマイチ信用に欠けるところがあります。

 

 03.自己評価が高すぎる人

自分が一番仕事ができると思っているので、基本的に同僚を上から目線で見ています。

また、職場や上司などへの不満や愚痴が多いのも特徴です。

 

 04.暗い人

職場のムードを考えるといつも暗い雰囲気を帯びているのは印象がよくありません。

個性は尊重されるべきですが、自分が暗いと感じているのであれば少し明るくして歩み寄る努力はしてみる必要があるでしょう。

 

 05.やることがおおざっぱな人

仕事を頼んでもイマイチ最後の詰めが甘く、最終的には誰かがフォローを入れたり引き取ったりしなければいけません。

 

 06.会議中に発言せず、終わった後で文句を言う人

それを会議で言ってくれ、と言っても、「だってそういう空気じゃなかったし」とか

「どうせ少数意見だし」とまたグチグチ言います。何でもいいから会議中に言って、それで終わらせて欲しいものです。

 

 07.自分と他人をすぐ比較する人

「◯◯さんは私より上、△△さんは私より下」とすぐに上下関係を自分の中で決めてしまいます。

多くの場合は、学歴や経済力、見た目などの表向きだけで比較して決めつけてしまうため、

相手の内面までよく理解しようとしないのも特徴です。

 

【行動やしぐさ】

 08.第一印象が悪い人

髪がぼさぼさ、無精ヒゲが生えている、シャツがヨレヨレ、元気がない、うつむいている、など、

第一印象が悪いとその後「一緒に上手くやって行けなさそう」を瞬時に判断されてしまいます。

 

 09.アゴや手だけで返事をする人

本人は伝わっているつもりかもしれませんが、そういった仕草による意思表示は

「受け取る方ががんばって理解してあげている」ものであって、職場では相手に対して非常に失礼ですよね。

 

 10.仕事中に大きな音を立てたり、必要以上に声の大きい人

キーボードを叩く音や、引き出し、ロッカーの扉を閉める音などが不必要に大きい人。

そんなに大きな音を立てなくても、そこにいるのはわかります。

また、大きな声も聴覚に障害があるのならともかく、自身の声の大きさは不要な情報の漏洩や、

他の人の迷惑になることは多くありますので、注意したいものです。

 

 11.コソコソ話す人

10の反対に、コソコソ話す人も厄介です。

この手の人は、たいてい何かルール違反をしていることを他者に知られたくなかったり、

自分だけが知っていたい…という気持ちを持っていたりする厄介者です。

 

 

職場で嫌な同僚はまだまだいます!

「こんな同僚は嫌だ!」はまだ続きます。

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋