事業所からのお知らせ

2020.02.05
お茶の水校

やりたくない仕事はやらなくていい??? の話

こんにちわ
アクセスジョブお茶の水校です。
 
新卒の時に「嫌な仕事でも積極的に取り組め」と言われた
ことがあります。
理由としては、
「社内の信用とスキルを得るため、嫌な仕事でも我慢して引き受けるべき。」
と言われました。
 
その後、数年して事業で成功している人から
「嫌な仕事は絶対に引き受けない。」
という話を聞きました。
 
「やりたくないことを無理やりやっても、パフォーマンスは出ない」
だそうです。
 
さて、皆さんはどちらが正しいと思いますか?
 
「やりたい」と思うことはパフォーマンスが高くなり、
「嫌だ」と思うことについてはパフォーマンスが低くなることについては
既に多くの人に研究されています。
 
つまり、パフォーマンスが重視される仕事ほど 「嫌なことはしない」は重要な意味を持ちます。
実際、そのような職業、
例えば経営者、研究者、作家、芸術家、起業家、スポーツ選手たちは
「嫌なこと」は徹底的に断っていると明言する人も多くいるそうです。
 
しかし「組織の中で働く人」にとっては、どうでしょうか?
残念ながら「個人のパフォーマンス」と、
「組織のパフォーマンス」は必ずしも一致しません。
 
個人がいかに高いパフォーマンスを発揮していたとしても、
組織、会社レベルで見れば「嫌いな仕事をすべき」というシーンはいくらでもあります。
 
例えば、会社の中で誰もが「営業を嫌」と言ったら?
みんなが「計算は嫌だ」と言ったら・・・?
店舗において「接客は嫌」と言われたら?
 
会社・組織の中では、「嫌な仕事はしない」という訳にはいきません。
一人ひとりがそれを言い始めてしまったら、
会社・組織の社会的な役割がなされなくなってしまいます。
 
つまり
 
「やりたいことだけやりたい」人は、「個人のパフォーマンス」が重要な意味を持つ仕事を選択するとよいかもしれません。
(もちろん、なにも他のことはしなくて良いというわけではありません)
 
そして、「組織のパフォーマンス」で成果を上げる仕事や、チームプレーヤーは
「嫌いなことを」もやらざるを得ないこと。
 
みなさんはどう思いますか?
 
 
アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆  
 
お気軽にお問い合わせください♪