事業所からのお知らせ

2020.07.24
名古屋駅前校

イベント報告 ~ わたしはオランウータンです

こんにちは! アクセスジョブ名古屋駅前です(^^♪

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

AJ名古屋駅前では、昨日、最大限の感染防止策を講じた上で、7月の2回目のイベントを開催しました。

今回のイベント(グループワーク)は〝類人猿分類〟です。

「人間関係に必要な知恵はすべて類人猿に学んだ」という本でご存じの方も多いと思いますが、

〝類人猿分類〟は、数年前から多くの企業が社員研修等に取り入れたり、マスコミでも紹介されたことのある、

コミュニケーション・スキルの習得やチーム・ビルディングに活用できる性格分類ツールのひとつ。

前職で「類人猿分類セミナー」を受講したことのあるAJ名古屋駅前のスタッフが、

利用者さんたちのコミュニケーション・スキルをブラッシュアップする〝きっかけ作りに〟と企画しました。

 

①自分のタイプを知る、②相手のタイプを知る、③お互いのタイプの違いを理解して人間関係を改善する、

という3つのステップで構成される〝類人猿分類〟。

残念ながら今回は、3蜜を回避するための時間的な制約もあって First Step の「自分を知る」だけになりました。

 

「感情の表現方法」と「人生の価値観」をもとに自分を分析してみると、

ヒトとよく似た行動特性をもつ4種類の大型類人猿オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボのうち、

自分がどの類人猿のタイプに当てはまるかがわかりますから、

同じ類人猿タイプの人同士でグループを作って、価値観などについてお互いに意見を交換し、意識を共有しました。

ヒトの行動特性や思考パターンは、成長過程において身についてきた様々な特質が融合してカタチ作られるものですから、

「やさしい」や「おだやか」のような、数語の形容詞や形容動詞で簡単に説明できるものではありません。

また、同じタイプの人とつるんだり、違うタイプの人と一緒に行動するときとでは、

自分を表現したり自己を主張する方法が微妙に変わったりします。

ですが、この〝類人猿分類〟では、同じ類人猿タイプがひとつのグループになっていますから、

第三者の「目」で見ると、それぞれの特徴や特性が手に取るようにわかります。

例えば、上の写真は、昨日の〝類人猿分類〟のワンショットで、ある課題に取り組んでいる様子ですが、

手前のグループ(チンパンジー・タイプ)と後方のグループ(ゴリラ・タイプ)とでは

明らかに雰囲気、というか空気感が違うのがわかりますよね。

 

今回のグループワーク〝類人猿分類〟は3回シリーズの1回目。

次回のテーマは「自分の類人猿タイプを精査し、周囲の人たちの類人猿タイプを理解する」です。

〝類人猿分類〟の最終目標は、

「お互いに分かり合い、強みを伸ばし、弱みを補完し、良好で、ビジネスにおいて結果が出せる人間関係を構築すること」

にあります。

今回以上に盛り上がるイベントになりそうな予感がします。

 

アクセスジョブ名古屋駅前では、平常の就労移行支援プログラムだけではなく、

職業生活や私生活にも役に立ちそうなスキルやツールを紹介し、

より善く生き生きと自分らしく生きていけるようなきっかけ作りもしています。

目標に向かって一歩一歩進んでいる人も、

就職を前に、壁にぶち当たったりして、なかなか前に進めないという人も、

ぜひアクセスジョブ名古屋駅前にお立ち寄りください。

いっしょにお茶でも飲みながら、将来の話でもしましょう!