事業所からのお知らせ

2021.04.07
さいたま

エスカレーター「止まれ」条例

こんにちは。アクセスジョブさいたまです😊

 

皆さんは、駅や商業施設等で「エスカレーター」に乗ったとき、

立ち止まっていますか。それとも、歩いていますか?

 

エスカレーターは「手すりにつかまって立ち止まって乗る」が本来の乗り方です。

慣習なのか何なのか、「片側明け」の慣習がまかり通っています。

関東は右側をあけますが、関西では右側をあけるそうです)私自信も右側に列に乗ってしまったら、

うしろの人を気にして歩いてしまいます。

 

ちなみに消費者庁では「エスカレーターの安全基準は、

ステップ上に立ち止まって利用することを前提にしています」と明記されているそうです。

 

実は、先月30日に「埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例」が制定されました。

この条例は、「エスカレーターの安全な利用の促進に関し、

県、県民及び関係事業者の責務を明らかにするとともに、

エスカレーターの利用及び管理に関し必要な事項を定めることにより、

エスカレーターの安全な利用を確保し、県民が安心して暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的としています。」というものです。

あくまでも努力義務ですが、10月1日から施行されます。

 

エスカレーターの一段は約21㎝の高さがあって、

通常の階段17.5㎝よりも高いのです。ここを歩いていくわけですから、

けつまずく可能性がアップします。

そういった意味でも危険なんですね(-_-;)くれぐれも気を付けましょう。

 

アクセスジョブさいたまでは随時見学・体験受付しております。

是非お問合せくださいませ。