事業所からのお知らせ

2020.03.02
お茶の水校

コミュニケーションって何?の話 後編

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

「コミュニケーションって何?」、今回が後編最終回となります。

簡単ですが、これまでのおさらいをしてみましょう。

 

コミュニケーションで伝える情報は、客観的情報と主観的情報の2種類。

この2種類の情報を、発信・媒体・受診の色んなチャネルを使って

お互いに伝えあいます。

客観的情報のコミュニケーションからは、あまり問題になるようなことは

おこりません。

コミュニケーションを取る上で問題が発生するのは、

主観的情報のコミュニケーションです。

主観的情報は、個人の感覚や体験に基づいているので、

相手との情報共有がほとんどできません。

せいぜい「相手はたぶんこう思っているだろう」と推測する程度だと思います。

でも考えてみてください。

自分が発信する情報の多くは主観的情報です。

わかりにくい情報である主観的情報を、

なぜ人は発信したがるのでしょうか?

それには二つの心理があります。

 

 ①理解してほしい

自分を理解して欲しいと思ったとき、相手に求める行動とはなんでしょう?

それは、共感、優しい言葉など思います。

決して、批判、非難、無関心などではありません。

つまり、「自分を理解して欲しい」ということは、

「自分をねぎらって欲しい」「自分に共感を示して欲しい」

「元気が出る言葉をかけて欲しい」という意味になり、

相手にそういう行動をとって欲しいことになります。

 

 ②相手を理解したい

「相手を理解したい」、人はそうしてそう思うのでしょうか?

それは相手を知ることで、自分がメリットを得られるからです。

良好な人間関係の構築、あるいはあえて距離を取る、

そのために相手の志向や好みなどを知りたいと考えます。

 

コミュニケーションとは、

「ある情報を何らかの手段で伝達・交換すること」という意味です。

その意味を知り、相手の思考を推察することにより

より良い人間関係の構築ができると思われます。

 

コミュニケーションって何?の話 中編

コミュニケーションって何?の話 前編

 

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪