事業所からのお知らせ

2020.06.22
お茶の水校

ネガティブをポジティブにとらえよう・・・の話 後編

こんにちは
アクセスジョブお茶の水校です。
 
前回、ネガティブに支配されてしまって日々を楽しく生きられなくなったら、
これは問題。 そんな人にオススメなのが「忘却力」!
 
・・・というお話をさせていただきました。
 
1日の多くをネガティブな思考で過ごすことを考えると
かなりうんざりします。
 
しかし「ネガティブ思考=いざというときに対処可能な 危機管理能力が備わっている」
ということなので、
記憶能力が高ければ、
それを意図的に忘却することもできないわけです。
 
そのために必要なのが、「忘却力」
意図的に「忘却する」力です。
 
この忘却力を鍛える方法は2つ
「情報をどこかに置いておくこと」と 「しっかりと睡眠をとること」です。
 
「情報をどこかに置いておく」 これは言い換えると、
「情報をアウトプットする」とも言えます。
一度、情報をアウトプットしてみることで、 「もう覚えておかなくていいや」と脳が判断し、
忘れることができるそうです。
 
もちろん忘れるといっても、 知恵として脳に定着させておく必要があります。
 
情報はただの知識です。 知識は単に得ればいいというものではなく、
知識を積み重ねて理解していく中で 「知恵」に変えないと生かすことができません。
人間の脳は95%が無意識と言われており、 知恵はその無意識の領域に蓄積されていき、
知識は残りの5%にあたる脳のメモリに蓄積していきます。
情報を知恵にすることで、 脳のメモリに空き容量をつくってあげ、 数ある引き出しの中から、
必要な時に 必要な情報を取り出せるようになります。
 
 
「しっかりと睡眠をとること」 私たちが睡眠をとる目的のひとつは、
脳の記憶をつかさどる神経回路を クールダウンするためだとも言われてます。
 
そうしないと、回路が飽和状態に なってしまうからです。 回路から発生する脳波が、
睡眠中にシナプスのつながり度合いを弱めてくれます。
必要な情報はしっかりと保持して、 不要な部分はシナプスのつながりを弱め、
 
脳のャパシティを確保してくれるのです。
 
いかがでしょうか?
興味を持たれましたら、ぜひお茶の水校に体験にお越しください。
 
 
 
アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆  
お気軽にお問い合わせください♪
 
#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋