事業所からのお知らせ

2020.06.24
お茶の水校

メタ認知って何だ??? の話

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

メタ・・・という単語。

ライトノベルスやSFが好きな方にはおなじみかもしれません。

 

「メタ」はもともと「高次な-」「超-」「-間の」「-を含んだ」「ーを入れた」「-の後ろの」等の意味を持ちます。

その「メタ」が付いた言葉で「メタ認知」という言葉が注目されています。

もしかしたら学生の方はキャリア教育の時間で聞いたことがあるかもしれません。

メタ認知とは、簡単にいうと「認知を認知する」ことで、“高次(メタ)”なレベル、

つまり客観的な視点で、知覚・情動・記憶・思考などの認知活動を“認知”する行為を指します。

そして、この能力が高い人ほど、仕事や勉強の能力が高くなるといいます。

例えば、仕事においてこの「メタ認知」を身につけると

  1. 相手の反応や対応を踏まえた、良好なコミュニケーションを築ける
  2. 自分自身を客観視できるため、長所を高めたり、短所を克服したりできる
  3. 自分の言動を日々振り返るクセがつくため、思考力が培われる

と言ったことができるようになると言われています。

例えば

「なぜ、自分はネガティブになってしまうのだろう」
「それはきっと不安感が強いためだ」
「不安が強すぎて、ネガティブになってしまうことがある。けれども、その不安を埋めるために、必死に努力できることもある」
「不安が強いことの効用もあるのかもしれない」
「そういえば、この間のプレゼン資料も、完成度が高いと上司に褒められた」
「あの時は、不安を克服するために、早めにまわりに相談したり、資料集めをしたり。不安をカンフル剤に頑張ったおかげなのかも」
「ネガティブなことがすべて悪いわけではないな」

と言ったように、ネガティブな思考も肯定的にとらえられるようになります。

リフレーミングと少し似ていますが、

ポジティブへの転換ではなく、客観的にとらえることにより、

自身の思考や行動を肯定的にとらえられることができ、

そこから反省や次につながる行動が生まれます。

 

いかがでしょうか?

興味を持たれた方はぜひ、お茶の水校に体験にお越しください。

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

 

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋