事業所からのお知らせ

2021.03.17
西船橋

リフレーミング②~就労移行支援事業所アクセスジョブ西船橋

皆さま、こんにちは(・ω・)/
アクセスジョブ西船橋です。

 

今回は心の健康作り週間の連載として第3回目になります。

 

リンクはこちら   👉  心の健康作り週間(3月15日~21日)

          👉  リフレーミング① 

 

前回リフレーミング①でリフレーミングの考え方について説明させていただきました。今回は前回に続いてリフレーミング②として、使用した方が良い場面についてご紹介していきたいと思います。🌟

 

・モチベーションを上げたいとき

例えば、就職時の面接時や大勢の人の前で発表する場面を想定すると緊張しているとします。この時に「緊張をしているから失敗してしまうかもしれない」と考えてしまうと、うまくいくものもうまくいかなくなることがあると思います。😥
このような場面でリフレーミングを行うことにより、前向きに考えることやモチベーションを上げることに繋げることができます。( •̀ ω •́ )✧

 

リフレーミングを行う例として
「この緊張やプレッシャーのおかげで、自分が成長できる機会なんだ」
「この緊張やプレッシャーがあるからこそ、成功した時の喜びが大きくなる」など

 

失敗したとしても
「失敗したおかげで、次のやるべき課題が解った」
「失敗したからこそ、自分に必要なことがわかることができた」など

 

結果がどうであれ、自分が物事の捉え方を少し変えることにより前向きな経験に変えることができます。🌈🌈

 

・苦手なタイプの人がいるとき

 

会社や学校など様々な人が集まる場所で、どうしても苦手なタイプの人がいて悩むことはあると思います。
苦手なタイプの人を目の前にすると、気が重くなることやその人のイヤな点ばかり気にしてさらに苦手意識を持つことに繋がってしまいます。💦💦
そこで、リフレーミングを行い、イヤなところから良いところを見つけることで、今まで気づかなかった良いところに気付けるかもしれません👀🔆

 

例えば厳しい言葉ばかり言う人がいてその人のことを苦手と感じていた場合

「あなたのことを大切に思っているからこそあえて嫌われ役として言ってくれているのかもしれない」

「物事を妥協しないでより良くするために声を出しているのかもしれない」など

 

その人に対する見方を変えて良い点に目を向けることで、相手に興味を持つきっかけになります。自分が苦手と感じていることは相手も苦手と感じている可能性もあります。自分から気持ちの変化をつけることで、より良い人間関係を築く可能性が広がります。✨✨

 

リフレーミングを上手に活用することで一つ一つのできごとが成長できるチャンスに変えてくれます。👍

 

リフレーミング①でも記載しましたが、アクセスジョブ西船橋ではプログラムでリフレーミングを行っています。リフレーミング以外にもストレスコントロールやアンガーマネジメントなどのプログラムも用意していますので興味をお持ちいただけた際は、ぜひご連絡をお待ちしております。m(_ _ )m

 

 

アクセスジョブ西船橋では現在、新型コロナ対策の為、

手洗い・殺菌等、徹底しながら開所しています。🧼🧽

ご見学、ご相談は月曜日~金曜日まで随時受付中です。🌈✨

ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。☎📞

スタッフ一同、お待ちしています 🚩