事業所からのお知らせ

2021.01.16
さいたま

人間万事塞翁が馬 ■埼玉県の就労移行支援アクセスジョブ

こんにちは😃アクセスジョブさいたまです。

皆さん、『人間万事塞翁が馬』という中国の諺を知っていますか?

これは、幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、

安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえです。

 

ちなみに『人間万事塞翁が馬』を簡単に解説すると、

こんな感じです。飼っていた馬が逃げ出したが、他の馬を連れて帰ってきた。

馬に乗った息子が落馬して足を骨折したが、

戦争が起きた時にケガの為に兵士に召集されず死なずに済んだ・・・

という「最悪の出来事」が「幸運に変わった」と言う話です。

 

「物事には二面性がある」と言われています。

目の前で起きた事に心を痛めることもあると思います。

その時、こんな諺を知っているだけでも

気持ちを上げるヒントになるのではないでしょうか。

 

実は私自身の身の回りにもこれに似た話があります。

私の九州の知人の話ですが、20年ほど前に福岡での暮らしを

固めるためにマンションを購入しました。

しかし、その2年後に東京への転勤の辞令が出ました。

家族全員で泣く泣く知らない土地に引越すことになったのです。

ですが、上京してみると今ではたくさんの仲の良い友達に恵まれました。

その時は最悪だと思っていましたが

今では東京に来て良かったと話していました。

 

あなたの身の回りで起きている「悪い事」は

実は悪い事でもないかもしれませんよ。☺️