事業所からのお知らせ

2021.03.29
名古屋駅前校

令和2年度のロクイチ報告から ⑵

こんにちは。アクセスジョブ名古屋駅前です。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

前回に引き続き、令和2年度の障がい者雇用状況「ロクイチ報告」から。

下の表は「産業別・障がい別の雇用状況」です。

愛知県の障がい者実雇用率2.08%(全国平均2.15%)を超える業種や

特に雇用者数の多い業種については色分けしてあります。

企業数を見ると、製造業が全体の3割強を占めています。

(全国平均で見ると、製造業が占める割合は2割程度です)

これは愛知県の産業構造における最も大きな特徴で、1977年以来、

実に42年連続で製造品出荷額等第1位を維持し続けています。

特に自動車や航空機などの輸送用機械の生産が盛んで、

部品製造などの下請け企業がこれを支えているといえます。

愛知県が「ものづくり王国」と呼ばれる所以です。

また、人口等と相関関係にある〝卸売業・小売業〟や〝医療・福祉〟も、

日本3大都市のひとつである名古屋市を中心に企業数が多くなっています。

以上のバックボーンから、障がい者の雇用数(雇用率)も、

〝製造業〟〝卸売業・小売業〟〝医療・福祉〟で多く(高く)なっています。

 

業種によっては障がい者雇用が進んでいないところもありますが、

それは〝企業努力〟が足りないというよりは、

障がいのある人には適さない業務が多いことも十分考えられます。

ただ、IT化が進むにつれ、障がい者雇用の枠も増えていくことが予想されますし、

現に雇用者数も実雇用率も年々上昇していますから、まだまだ期待できそうです。

 

求人検索をする場合、業種ではなく職種に着目しますから、この表が

就労を目指す障がい者のみなさんの不安を払しょくするには不十分かもしれませんが、

慌てず焦らず諦めず、就労準備に取り組んでください。

 

他の就労移行支援事業所とは異なり、

アクセスジョブ名古屋駅前では、就労準備のための支援だけではなく、

経営学や統計学を学び、実践に活かしてきたスタッフが中心となって、

就労を目指す障がい者のみなさんにとって役に立つ情報やデータを提供しています。

就職活動では〝知らなかった〟〝教えてもらわなかった〟といったミスは許されません。

安心して就労準備に取り組みたい方は、ぜひアクセスジョブ名古屋駅前にお越しください。

必ずお役に立てるはずです。