事業所からのお知らせ

2021.03.19
川崎

在宅の仕事は近所にあったりするという話②

いきなり正社員とか思わない。できることからでいいので働きたい。
まだまだ外出に自信が持てないので、
在宅の仕事があればいいのだけれど・・・
と考えている人は多いと思います。
 
テレワークは増えたけれど、
在宅の仕事は増えたのかな??
結局、求人の数ではなくて、
自分に心の準備があるかどうか、
それが問題ですよね。
そこに仕事があったとしても、
それに飛びつけるのか、すぐにスタートできるのか?
 
できればあれこれ考えずに飛び込んでしまうといいと思います。
そこが難しいのですけれど。
 
さて、気負わずとも在宅の仕事と出会ったケース、
今日は第2話です。
 
B子さんは、視線恐怖やフラッシュバックがあり、
外出中にパニックを起こしてしまうので、
ひきこもりの生活をしていました。
苦手なのは男性とその声。
お母さんと一緒ならば、買い物とかゲーセンとかには行けます。
それでも、特定の条件を満たしてしまうとパニックを起こしてしまいます。
趣味はいくつもあるのですが、
それでも自分に自信が持てずにいました。
でも、安全な家の中では自由に過ごせました。
もともと人当たりの良い、やさしい声の持ち主です。
大好きなピアノを見てくれる調律師さんや、
家のメンテナンスの業者さん、
お母さんの鍼の先生など、
小さいながらもコミュニティーを持てる人でした。
 
そんなある日、お母さんが業者さんとのおしゃべりの中で、
「娘が外出できないから仕事に就けなくて焦っている」
という話をしました。
すると、業者さんは、
「なんだ。そういうことだったら、うちの事務仕事手伝ってくれる?」
ということになったのです。
 
具体的には封書の郵便物を作る軽作業なのですが、
箱ごと業者さんが運んでくれるので、
B子さんは本当に全く家を出ずに仕事ができたのです。
 
「それはB子さんの運がよかったからだろう」
そう思うかもしれません。でも、
「なんだ、そういうことだったら」と業者さんに言わせるには
理由があるのです。
 
家の中でも会話があること。
家の中とつながっている他人とコミュニティーを作れること。
これが備わっていたからこそ、
運がやってきたのだと思います。
 
B子さんとお母さんの技ありです。
 
「家の中は社会の入り口」
という言葉があるように、
家は社会の象徴でもあるのです。
家の中でどのようなコミュニケーションがあるのか、
家の中の風通しは良いのか悪いのか、
(電話や訪問があるのか、世間に対して隠し事があるかないか)
こういうところから見直してみるのも
社会参加の第一歩となります。
 
 
~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*
お問合せ先
LINE ID:https://lin.ee/Z8RbETf
電話番号:044-276-8214 
メール:aj.kawasaki@kurazemi.co.jp  
twitter:https://twitter.com/aj_kawasaki
Facebook:https://www.facebook.com/accessjobkawasaki
~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*
 
#精神障害 #発達障害 #ADHD #LD #ASD #不安障害 #双極性障害 #適応障害 #就職活動 #障害者手帳 #就労支援 #就労移行支援 #障害者