事業所からのお知らせ

2021.04.01
川崎

在宅勤務>リモートワーク(テレワーク)これ全部会社員ってこと

支援員の植田です。
 
 
在宅勤務、リモートワーク、テレワーク。よく聞くワードですね。
障害がある人は特に関心が高いのではないでしょうか。
体の調子が多少悪くても自宅で仕事ができるとなれば、
継続して仕事ができそうです。
身体障害がある人にとっても同様です。
移動がなければ、そして自分の家のトイレを使えれば
仕事に集中できるというものです。
 
 
けれど、仕事の内容は会社員と変わらないということを
深く考えずになんとなく憧れていませんか?
 
 
「在宅」とは文字の通り、「家に居ながら」という意味です。
それ以上の意味はありません。
家で会社と同じ仕事をすることです。
 
 
「リモート」とは文字の通り、「離れて」という意味。
そして、リモートワークとテレワークは同じ意味だと言われています。
(「リモート」を使うのはIT企業に多く、「テレ」を使うのは国や大企業が多いそうです)
 
 
障害がある人が本当に関心があるのは、ただのリモートではなく、
「派遣の在宅勤務」なのかな、と思います。
(もちろん全ての人がそうではありませんが)
 
 
そこで今度は「在宅の仕事」というワードで検索してみました。
すると、出てきた仕事は以下のようなものです。
 
 
アンケートモニター(バイト) データ入力、タイピング グラフィックデザイナー(ロゴデザイナー) ブログ記事作成ライター(1文字1~2円) コンテンツライター 歯科事務 動画編集(副業) 商品仕入れ補助(日給) 添削指導(出来高制) WEB(HP)制作(委託業務) 給与計算業務・会計事務業務(業務委託) 商品の組み立て・包装(業務委託) メールカスタマー テレアポ
 
 
これは会社員ではなく、派遣かバイトの仕事です。
(もちろん自分で起業して請け負い業者をやることもできますが)
 
 
もし、上記のような仕事を目指すのであれば、
正規雇用でなくてもOKということです。
 
 
非正規だからハードルが低いととらえるか、
ある程度手に職がないとできない作業だからハードルが高いととらえるか・・・
 
 
誰にとっても同じように簡単な仕事というのは
この世にないのだなあとつくづく思います。
 
 
世の中って厳しいですね。
 
 
~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*
お問合せ先
LINE ID:https://lin.ee/Z8RbETf
電話番号:044-276-8214 
メール:aj.kawasaki@kurazemi.co.jp  
twitter:https://twitter.com/aj_kawasaki
Facebook:https://www.facebook.com/accessjobkawasaki
~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*
 
#精神障害 #発達障害 #ADHD #LD #ASD  #不安障害 #双極性障害 #適応障害 #就職活動 #障害者手帳 #就労支援 #就労移行支援