事業所からのお知らせ

2020.07.06
名古屋駅前校

大雨・台風の時はどのように行動したらいいか?

こんにちは、アクセスジョブ名古屋駅前です。

九州南部で雨による災害が起きています。心からお見舞い申し上げるとともに、

救援活動に参加されておられる方たちに心からの感謝を重ねてお伝え致します。

この愛知県でも台風や大雨の危険が近づいているというニュースや気象情報を見聞きしたら、どうしますか?

まずは、危険な場所には近づかないようにしましょう。

興味本位で増水状況や高波を見に行ったりしないでください。

 

災害への備えをもう一度確認して下さい。

  • 非常用持ち出し品の点検をしましょう

非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?

  • 雨や風が強くなる前に、家屋の補強などの対策をしましょう
  • 避難場所までの道順を確認しておきましょう
  • 日頃からハザードマップで危険箇所や避難場所をチェックしておきましょう。
  • 地震と水害では避難場所が変わる個所がありますから確認ください。
  • 国土交通省ハザードマップポータルサイトもご利用ください。
  • 雨が降り出したら土砂災害警戒情報等にも注意しましょう
  • 危険を感じたり、市区町村長からの避難勧告等があった場合は、あわてず速やかに避難しましょう
  • 避難の前には、必ず火の始末をしましょう
  • 避難の際の持ち物は最小限にして背中に背負うなど、両手が自由に使えるようにしておきましょう

※ 川の氾濫や土砂災害などの災害は一気に起こるため、避難が遅れると命にかかわります。天候が荒れてからでは移動も大変になりますので、特に高齢者や子どものいる家庭は、早い段階から自主的に避難することも検討しましょう。
※ 忘れ物をした場合でも、取りに戻るのは危険ですので絶対にやめましょう!
※ 暴風や浸水で避難場所までの移動が危険な場合は家の中のできるだけ安全な場所(崖から離れた2階の部屋)で待機したり、近隣のできるだけ頑丈な建物に避難することも検討しましょう。