事業所からのお知らせ

2019.10.23
お茶の水校

季節を感じる道 ~御茶ノ水風土記⑤

こんにちわ

アクセスジョブお茶の水校です。

 

お茶の水校のある御茶ノ水には、

樹木の名を冠した通りがあります。

 

アクセスジョブの目の前は「とちの木通り」。

今は、実がなっています。

 

 

小学校の国語の教科書にも採用されている

斎藤隆介著の児童文学『モチモチの木』に登場する木は、このトチノキだそうです。

その木材は銘木級の高価な木材となっていますし、

実はデンプンやタンパク質を多く含み、食用になりますが、

渋を抜くのにとても手間がかかります。

食用の歴史は古く、縄文時代の遺跡からも出土しているそうで、

渋抜きしたトチの実をもち米と共に搗いた栃餅(とちもち)は

食べたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

そして、もう一つすぐ近所の「サイカチ通り」。

 

こちらも実がなっています。

このように茶色くなると落ちてくるそうで、

サポニンを多く含むため古くから洗剤として使われてきました。

莢(さや)を水につけて手で揉むと、

ぬめりと泡が出るので、かつてはこれを石鹸の代わりに利用したそうです。

 

皆さんも、御茶ノ水で「通り散策」、いかがですか?

 

威風堂々 ニコライ堂 ~御茶ノ水風土記④

伝説の・・・タピオカ!? ~御茶ノ水風土記③

上を向いて歩け・・・ば? ~御茶ノ水風土記②

お茶の水・・・ですから ~御茶ノ水風土記①

 

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪