事業所からのお知らせ

2020.06.18
さいたま

寝付けない時のリラックス法  東大宮のアクセスジョブさいたま

こんにちわ、アクセスジョブさいたまです😊

今日は、寝付けない時にお勧めのリラックス法をご紹介します。

今日、ご紹介するのは「仰臥禅(きょうがぜん)」です。

 

「仰向けに寝る」態勢のことを「仰臥位(ぎょうがい)」と言います。

「仰臥+禅」ということは、そう、読んで字のごとくで

「ねっころがって行う禅」です。

・あお向けに寝て

・手は軽くにぎりおへそに置きます。

・肩の力を抜いて、足は少し開きます。

・目線は半眼で天井に一点を見つめます。真上より前方45度あたりを見るのがよいようです。

・この状態で数息感(すそくかん)をします。数息感とは、息を数えることです。

 「ひとーつ」、「ふたーつ」・・・「とーお」まで数えたら、

  また、「ひとーつ」、「ふたーつ」と続けていきます。

  数えるとき、まずゆっくり息を吸ってから「ひとー」で息を吐きます。

  吐きつくしたところで、「つー」と自然に息を吸います。

  「ひとー」で息を吸って、「つー」で吐いても構いません。

  やりやすいほうで試してください。複式呼吸をこころがけ、ゆっくり行うことが大切とのこと。

 

一日の終わり、ふとんに横になって、昼間にあったこと、不愉快なことが、

頭に思い浮かんで寝そびれてしまいます。

そんなとき「仰臥禅」と「数息感」の細く、長く、息を吐くことは心を落ち着かせるようです。

 

そのうちに寝てしまうこともありますが、仰臥禅ではそれでもよいでしょう。

コロナ禍でストレスがたまりやすい日常になっています。

こんなときこそ、よろしければお試し下さい。

 

◇◇◇ アクセスジョブさいたまでは、下記のような診断のある方の ◇◇◇

◇◇◇   就職・仕事の悩みやご不安の相談をお受けいたします。    ◇◇◇

◇・広汎性発達障害 ・ADHD ・LD ・ASD ・統合失調症 ・適応障害

◇・双極性障害 ・気分障害 ・不安障害 ・うつ など