事業所からのお知らせ

2020.11.07
さいたま

就職した方々の近況 ■アクセスジョブさいたま

今年の就職活動は例年になく厳しい状況であると思います。

障害者雇用枠への応募に限らないことではあります。

面接がwebであることや、対面の面接でも透明シールドで

隔てられていたり、と言った形の違いもたくさんあります。

さらに選考のプロセスについても、

今まで1次面接は必ず実施していた企業が書類選考で不採用となったり、

1次面接で数十倍の競争率の倍率になっていたり、

2次面接までのはずが3次面接までとなったり、

予期しないことへの対応も必要となりました。

こうした今年の厳しい就職活動を根気よく続けて、就職された方がたです。

それぞれに入職後も頑張っていらっしゃいます。

毎日本当にいろいろなことがあります。毎日それぞれの方々に出勤時と退勤時に

メールなどでお話を伺っています。最低でも月に一度定着のための面談もあります。

最初の半年は、「慣れる」ためにあると言ってもいいでしょう。

起床時間に慣れる、通勤に慣れる、職場の人に慣れる、職場のルールに慣れる、

休憩やお昼の過ごし方に慣れる、そして任されるお仕事に慣れる。

さらに、

慣れてきた頃に新しい仕事が回ってきて、緊張感を新たに感じたり、

ミーティングの内容についていけるようになった時に

「これは〇〇さんの担当してもらいます」と自分の名前を呼ばれてびっくりしたり、

わからないことを職員に聞きたいけれど、周りの様子がわかってくればこそ

忙しいのに上司に聞くのは悪いなと思ったり、

慣れたら慣れたで気遣いで疲れてしまうこともあります。

日々、新しいことがあり、日々、失敗だと思うこともあり、褒められたりすることも

あります。

就職された方々の日々は毎日目まぐるしく進んでいくように感じるかもしれません。

それでも変わらないことがあることを思い出して欲しいなと思います。

それはアクセスジョブさいたまの職員が今日も明日も来週も変わらず応援していると

いうことです。

何か困ったり、どうしようもないとわかっていても誰かに愚痴を言いたくなったり

具体的に職場に働きかけて欲しいことがあったりする時、まず相談していただきたいです。

通所しているときもそうしてきたことを忘れないでくださいね。

今週もお疲れ様でした!

【卒業してもいつでもまたこの扉を開けてきてくださいね】