事業所からのお知らせ

2020.11.21
さいたま

得意淡然、失意泰然 ■見沼区・上尾市・伊奈町の就労移行支援

こんにちは。アクセスジョブさいたまです☺️

 

アクセスジョブさいたまブログ恒例、名言シリーズ。

今日の言葉は、

「得意淡然(とくいたんぜん)、 失意泰然(しついたいぜん)」。 

中国明時代の思想家である崔銑(さいせん)が述べた言葉です。

「がんばらないで生きていくことが、人として幸せに生きていくための一つのコツになる」

ということを教えているように思います。

 

「得意」とは、「物事がうまくいっている時」を意味しています。  

「淡然」とは、「調子に乗ることなく、淡々と生きていく」ということです。

「失意」とは、「物事がうまくいかない時」を意味します

「泰然」とは、「焦ったり、慌てたりすることなく、大らかに構えている」ということです。

 

物事がうまく行ったとき、調子に乗って「もっともっと」と欲を出してしまいがちです。

すると、調子に乗りすぎて失敗してしまうということがあります。

この言葉は

「物事がうまくいっている時ほど、調子に乗ることなく

 淡々と生きていきていくことが大切だ」

と言っています。

 

また、反対にうまく行ってないときには、なんとか抜け出そうと焦り

慌ててしまいがちです。

従って、

「物事がうまくいかない時には、焦ったり慌てたりすることなく

 大らかに構えていることが重要だ」と言っているのです。

 

焦らず、驕らず、慌てず、マイペースで生活していきたいですね🤗