事業所からのお知らせ

2020.10.24
お茶の水校

心配事は本当に起こるの? の話

こんにちは。

アクセスジョブお茶の水校です。

 

プログラム活動中に、「どんなことにストレスを感じるか」という話が出ました。

 

ストレスというものは本当に人それぞれです。

ストレスが発生する元となる刺激(ストレッサー)は皆さん違いますから、

対処法も人それぞれあるはずです。

 

対処法にもいくつか種類があって、

具体的にストレスの原因となっていること(もの)を取り除く方法や、

人に相談や援助をしてもらって低減させる方法、

ストレスを感じるという認知そのものを書き換えてみる方法、

(それをストレスと感じないようなラベリング・考え方を見つけること)

さらには直接ストレッサーには働きかけずに気晴らしをする方法などがあります。

 

利用者様からたくさんの対処法が出されて、

なるほど!自分でも取り入りえてみよう!というものがいくつもありました。

 

そして、ストレッサーとして「心配事」を挙げる人が多かったです。

 

心配事というのは、現在うまくいっていないことがこれからどうなるのか不安を感じることです。

あるいはそれがうまくいかなかったらどうしようと不安になることです。

「また同じ(嫌な)ことが起こったらどうしよう」

「誘われるとどうしても断れない」

「私が言ったことが相手に悪く思われなかったか」

というように、そうなったらどうしよう・・・と心配になることです。

こういうことが気になりだしたら、そのことが頭から離れなくなり、

憂鬱な気分になってマイナス思考になるのですよね。

 

「心配事というのは、本当に起こってしまってから心配すればいいのよね・・・」

とAさんが言いました。

「そうですよ!私の先輩が昔、心配事の97パーセントは起こらないんだって言ってましたよ!」

とBさんが言いました。

 

なるほどー!!

聞いていて目からウロコでした。

そうなんですよね。

色々な心配事をしても、実際にそうなってしまうことって滅多にないんですよね。

 

 

その人はこうも言っていて、これも納得。

「起こってしまった心配事は『失敗』っていうんですよ」

 

失敗は人間には避けられないものだし、

失敗は人を成長させるもの。失敗は決して無駄じゃない

でも心配というのは、起こってもいないことを(しかも97パーセントは起こらないのに)

心配するわけで、これは無駄なこと。

心配って、架空のものだし妄想みたいなものなんだな・・・

と思ったら少し心が軽くなりました。

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

 

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋