事業所からのお知らせ

2020.08.13
名古屋駅前校

必要な PC スキルって、どんだけ? -後編

こんにちは。アクセスジョブ名古屋駅前です。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

一口に〝事務職〟といっても、PC を使うかどうかは職場によって異なります。

また、PC を使った事務的作業についても、その使用頻度や求められるスキルは職場によって違うはずです。

求人票や問い合わせ、職場見学等で事前にチェックしておく必要があります。

ただ、一般に「必要最低限の PC 操作」は、障害者枠・一般枠ともに、以下の9つに絞り込めると思われます。

➊どんなパソコン(デスクトップ型・ノート型)でも、スムーズに電源の ON、OFF ができる。

❷キーボードを見ずに文字を打つことができる。(10分で500~600文字程度)

❸ Word で 表や絵の入った基本的なビジネス文書が自力で作成できる。(ページ設定や書式設定等を含む)

❹ Excel で 簡単な関数( SUM 関数)を使うことができ、簡単な表を作成できる。

❺作成したファイルを適切な場所に保存することができる。

❻作成したフォルダを管理することができる。(コピーや移動、フォルダ名の変更や圧縮・解凍等を含む)

❼作成したファイルをプリントアウトすることができる。(プリンタの選択や印刷条件の設定等を含む)

❽メールを作成し、送受信することができる。(ファイル添付をはじめとする送受信の設定等を含む)

❾インターネットで自分の探したい情報を検索し、見つけだすことができる。

以上の項目に加え、情報セキュリティやコンプライアンスに関する知識も必要になってきます。

自宅で趣味的に PC をいじるのとは訳が違いますから、

スキルを身につけるだけではなく、それなりの心構えも必要なのです。

さらに、Microsoft Office に関しては、2010、2011、2013、2016、2019 など、いくつものバージョンが現存し、

見た目も機能も操作も微妙に異なりますから、戸惑うことがあるかもしれません。

( Office 2010 はもうすぐサポート切れになりますが… )

わからないことは職場で先輩や上司に質問するにしても、上記の基本操作は身につけておきたいものですね。

 

-前編-でもお伝えした通り、アクセスジョブ名古屋駅前の “e-learning system” では、

上記の基本操作はもちろん、さらにワンランク上のスキルを習得できる実践的なプログラムを用意。

PC を使った〝事務職〟への就職を目指す方を全面的にサポートしています。