事業所からのお知らせ

2020.08.25
お茶の水校

怖い?鬱陶しい?依存する人の話 ~怪しい隣人㉓

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

皆さんの周りに「依存心の強いな」って思う人、

けっこういたりするのではないでしょうか?

 

そもそも依存心ってどのようなものでしょうか?

依存心とは他人に頼ること、寄りかかること、責任をなすりつけることを言います。

自分の親しい人に依存することが多く、友人や恋人が対象になることが多いのです。

誰かがいないと生きていけない、自分ではなく他人に人生を任せて生きたいという逃げの気持ちや不安定な気持ちが依存へと繋がります。

依存心は自身で自覚していることもあれば、自覚なしにしてしまうこともあるのです。

 

仕事をする上でも、(自分で調べない、勉強しないで)すぐに頼ってくる、結論を自分でださない

マネばかりをする・・・という人がいたりします。

害がない場合、放っておけばいいのですが

それが日常的になってくるとかなり鬱陶しい・・・

度が過ぎると、怖くなってきたりします。

具体的には次のような状態になります。

  • あの人がいないと生きていけない
  • 〇〇さんがいなくなったら成立しない
  • あの人がいないと私は何も出来ないから・・・
  • 〇〇さんがいるからこの仕事が成り立っている
  • この人のマネをしていれば間違いない

もちろんすべてがよくない状態というわけではありませんが、

この気持ちがエスカレートしていくと・・・ちょっとという気持ちになりますよね。

 

このような人たちの大きな特徴として、

『自分の在り方(やるべきこと)を他者に預けている』ということがあります。

誰にでもあることだと思いますが、

  • 自分を出してはいけない(嫌われるから)
  • 周りや〇〇さんに合わせなきゃ
  • あの人の理想に近付きたい

という間違った思い込みによって本来、自分で決定して、持っておくべきものを手放してしまったといえます。

このような人は自分の足で歩こうとはせず、あなたの背中に乗っかるように寄りかかっているので

思うような成果、結果が出なかったときに、あなたのせいにしようとすることがあります。

そうなるとあるあなた自身も、

「この人は良くならない、うまくいかない」、しかも「成果がでなければ自分のせいにされる」

「関係を切りたい」「関わらないで欲しい」などと

関わりが根本的に不毛なので、あなたのエネルギーが消耗するのです。

 

このような人には、次のような対処が必要と言われています

 

 ①あなたの役割を考える

相手に代わってあなたが課題や仕事に取り組む為に存在するのではありません。

サポートの立場で、サポートを意識することによって相手との距離感がつかめると思います。

 

 ②境界線を引く

相手の課題や仕事は、そもそも相手がやらなければならないものです。

そこであなたが手を焼いてしまうと、より依存が深まってきます。

また、そこで相手に対して線を引けないのは、自分の弱さでもあります。

そのことを自覚するだけで、相手との関係を見直すことができると思います。

 

 ③執着しない

あなたに依存してくる人は、あなたが距離を取ってしまうと

別の人に依存します。

ですので、相手に執着せず、自身がよいと思う方向をしっかりと見定めていきましょう。

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

 

仕事で邪魔?「知ったかぶり」する人の話し ~怪しい隣人㉒

本当は怖い「できるアピール」の人の話 ~怪しい隣人㉑

ストーカー気質の人の話し ~怪しい隣人⑳

「すごいだろアピール」の人の話し ~怪しい隣人⑲

一方的にライバル視する人の話 ~怪しい隣人⑱
 
 
#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋