事業所からのお知らせ

2020.04.16
さいたま

新しい価値観をみんなで。 ◆東大宮就労移行支援アクセスジョブさいたま

みなさん、緊急事態宣言の後、どうしても下を向いてしまいがちな

気分かもしれません。

宮本亜門さんが「上を向いて~SING FOR HOPE プロジェクト」で

医療従事者や生活を支えるために働く人々、

不安を抱える人たちを応援するための企画動画を公開されたりしています。

 

今、最前線でコロナと戦っている方々のことを思い、感謝し

私たちも同様にやるべきことをやらねばならないと改めて思います。

 

そんな中、いよいよ各世帯2枚配布というマスクが到着し始めるようだという

ニュースを目にしました。

この発送にかかる時間や手間、そして経費といったコストが問題ではないかと

とりざたされる一方で、全然手に入らない方々から、「無いより良い」と

いう声も目にしました。

 

いろいろな立場でいろいろな考え方があります。

しかし、

どの立場の方も、コロナの拡大したこの状況を何とかしたい

終息させたいという思いは一つのはずです。

 

テレビでも都知事や芸能人が、布製のきれいな色のものや模様の入ったものを

使用しているのを目にするようになりました。

 

海外では、マスクをするという習慣すらなかった国でマスクが品薄になったという

ニュースも聞きました。

 

コロナの感染という状況下で、これまで常識だったことがそうでなくなり、

また、新しい価値を持つものを受け入れることが必要になります。

 

人と近づきすぎてはいけない。

集まってはいけない。

近くで会話をしてはいけない。

イベントで集まってはいけない。

人と人とのつながりで生きている私たちにとってこれほどつらいことは

あったでしょうか。

 

これまで経験したことのないことについては誰もが不安です。

ただ、今の現状は世界中が同じコロナというものに向き合っています。

世界中が一つの不安を共有しています。

その不安がそれぞれの暮らしにそれぞれの形で問題を起こしています。

 

これを解決するために、これまで受けたことのない制限が必要となっています。

永遠にではありません。

今がその時なのだと思います。

 

引き続きみなさまの健康とコロナの終息を願い、お一人だけではありません。

みんなで乗り越えられると思います。