事業所からのお知らせ

2020.07.30
お茶の水校

本当は怖い「できるアピール」の人の話 ~怪しい隣人㉑

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

最近、遠慮なく「できるアピール」する人が多くなっていると言います。

新卒、中途に関わらず、学校で自己アピールや自己主張の教育を受けてきたり

なかなか仕事が決まらず、つい自己PRが強くなる癖がついてしまったり・・・

ところが実際には、仕事ができないのに「できるアピール」をする人が多くなっているので

厄介事が増えているのです。

 

どんな職種でも仕事内容には奥深いものがあり、経験が浅い人はまだよくわからないということも多々あります。

それにもかかわらず、まだたいした成果を出してもいないのに、例えばプロジェクトメンバーの募集に興味があると、

遠慮なく立候補する――皆さんの周りでもそんな人はいませんか?

確かに、遠慮しながらウジウジする人よりも、積極的な人を評価したくなるのは当然ですが、

その姿勢を見ると「そこまで言うなら、自信があるに違いない」と思い、つい任せてしまいます。

しかし、実はそういう人に限って仕事ができない、あるは実際は経験がないことが多く

結果、失敗した、仕事がまとまらなかった、とんでもない状態で仕事が回ってきた

・・・そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

何となくできそうだから、以前やっていたのを「見た」ことがある・・・

そんな状態で「できるアピール」をする人は、どんな特徴があるのでしょうか?

 

 ①能力の低い人は、自分の能力が低いことに気づく能力も低い

能力の低い人は、自身の仕事ができないという現実をきちんと理解していません。

そのため、実力からかけ離れた「できるアピール」をしてしまい、

その結果として、任された仕事をこなせないということになりやすいのです。

 

 ②文化的風土を理解する能力が低い

欧米社会の場合、生意気でかわいげのない大人びた子どもが多いのも、

子どもらしさやかわいらしさに価値が置かれない文化的風土があり、そこでは、自信たっぷりに振る舞うことが求められます。

これに対し、日本の社会では、子どもらしいかわいらしさや素直さに価値が置かれているため、

頼りないあどけなさも、無邪気さも受け入れられ、温かい目で見守ってもらえます。

日本ではそうした文化的風土があるため、子どもも若者も、相手を尊重し、相手の期待に応えることを優先し、

謙虚に、かつ協調的に振る舞うことが求められます。

「グローバル時代だから日本人も自信を持つように…」と言うような人がいますが、

社会の中での自信の持ち方にも文化的風土が大いに絡んでいることを忘れてはいけません。

ところが、能力の低い人は、仕事をこなすにはどうしたらよいかを理解するのが苦手であるだけでなく、

そうした文化的風土を理解することもできません。

そのため、グローバル時代だからといって、欧米文化をむやみに取り入れようとする最近の動きに振り回される傾向にあります。

 

 ③仕事のできる人が「できるアピール」をすると周囲の妬みを買い、足を引っ張られることになりやすい

謙虚さが重んじられる日本の文化的風土では、仕事のできる人が「できるアピール」をすると周囲の妬みを買い、

足を引っ張られることになりやすいということがあげられます。

例えば、きちんと成果を上げている人は、活躍の中にも謙虚さを忘れず、さらなる高みを目指す言葉が多く見受けられます。

このように能力の高い人は、文化的風土の違いも踏まえながら、天狗にならないように自らを戒める心構えを身につけているのです。

平気で「できるアピール」する人というのは、周囲から妬まれた経験がない、あるいはそれにあこがれている面を持っていると言われています。。

妬まれる怖さを知らずに「できるアピール」してしまうところが、

まさに仕事のできない人だということにもつながっています。

 

 こうしてみると、積極的姿勢を見て、周囲が評価したくなる気持ちもわからなくはないが、

「できるアピール」を真に受けて仕事を任せると、周りも巻き込んで迷惑をかけてしまいがち

あるいは、まったく仕事が進まない・・・ということが起こりやすくなります。

もちろん、「できるアピール」する人の中に、実際に仕事のできるタイプがいることもまた事実です。

ですが、一般的にいうと能力が高ければ、文化的風土を踏まえた言動をするようになるものです。

従って、「できるアピール」に惑わされないように、周囲の人は日頃の行動をしっかり把握して、

任せる範囲や責任を決めていくことが大切です。

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

 

 

ストーカー気質の人の話し ~怪しい隣人⑳

「すごいだろアピール」の人の話し ~怪しい隣人⑲

一方的にライバル視する人の話 ~怪しい隣人⑱
 
 
#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋