事業所からのお知らせ

2021.01.11
さいたま

気兼ねと心配りの違い  ■埼玉県の就労移行支援アクセスジョブ

こんにちは。アクセスジョブさいたまです。☺️

 

さて、みなさんの中には、アルバイトや派遣など、何かしらの

仕事の経験がある方もきっといらっしゃると思います。

仕事をしている時に、こんなことはありませんでしたか?

「上司から頼まれた仕事でわからないことがあって、

 わからないことがあって、質問したかったけど、

 上司は忙しそうだから声をかけたら悪いなぁ~と思って

 ・・・聞くのをやめました」

などと言う事はありませんでしたか?

自分が気を配ったからできなかったのだ、とも言えるのですが、

実はこれは「遠慮」です。

別の言い方でいうと「気兼ね」です。

「遠慮」や「気兼ね」というのは、

一見相手のことを考えているようでも、

実は、その思いは自分を守っています。

守りたいもののベクトルが自分に向いた状態です。

 

一方、「気遣い」や「心配り」は違います。

「気遣い」や「心配り」は、相手のことを考えるのです。

守りたいベクトルが相手に向いています。

相手を大切にしているのです。

 

今回の場合は、「上司から頼まれた仕事」なのですから、

「気兼ね」などする必要はありません。

「遠慮」や「気兼ね」をするクセがついてしまうと、仕事が進まないばかりか

成果を出すチャンスを失うことにもなり、本当にもったいないです。

相手のことを考えているようで、実は「自分がどう思われるか」

「自分がこうやったらどういう目にあうか」

とかベクトルが自分に向いている少し臆病になっています。

 

人にはそれぞれ考え方があり、事情がある。

そのそれぞれの考え方、事情を理解することが「思いやり」「心配り」だと思います。

 

『「気兼ね」する必要はない。大事なのは「思いやり」「心配り」なんだ』

そのように心に刻むことができれば、

あなた自身の行動も変わってくるのと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アクセスジョブさいたまでは、ただいまオンライン説明会を実施中!

ご予約はお電話やこのHPのお問い合わせフォームからどうぞ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■