事業所からのお知らせ

2020.08.06
さいたま

注意一秒、怪我一生

こんにちは。アクセスジョブさいたまです😊

 

横断歩道を渡ろうとした時、

目の前の信号機が点滅していたら、皆さんならどうしますか?

間に合うように走りますか?

それとも諦めて次の青信号まで待ちますか?

ちなみに、私は後者です。

体力的に「走る」事がビミョーだということもありますが😓

私の中には、タイトルの言葉が念頭にあるからです。

遅くなっても、たかだか何分程度です。

どっちかというと、走ってコケて、怪我でもしてしまったら、

自分のみならず身の回りの人達に迷惑をかけてしまうことが

イヤだからでもあります。

「まっ、いーか。ちょっとくらい遅れても」

そんな気持ちの余裕を持つことが重要だと思います。

とはいえ、

「お腹がすいたから、一刻も早く帰ってご飯が食べたい」

「早く帰って好きなテレビ番組が観たい」

とか急ぐ気持ちがあるのは分かります。

しかし、自分が思い描いた時間で家に帰るには、

「電車が時間通りに動いている」

「いつもの近道が工事中でなく、廻り道しなくてよい」

など数多くの外的要因がからんできます。

ということは自分が思い描いた通りに帰り着いたとすれば、

それはほぼキセキなのかも知れません。

従って、思い描いた時間で家について、ご飯を頂けた時には

幸せな一日だったということになりますね😁