事業所からのお知らせ

2020.03.09
お茶の水校

目標を立てよう!の話 中前編

こんにちは
アクセスジョブお茶の水校です。
 
今回は、目標の立て方についてお話をいたします。
 
目標があると、それに真剣に向き合うことができます。
何かに真剣に向かっている毎日は楽しいですよね。
しかし実際に目標を立てるとなれば、
???と感じて手間取ってしまうという方も多いと思います。
 
今回は、目標を立てるにはどのような手順を取れば良いのかをまとめました。
 
 
 ① やりたい事を紙に書き出してみる
 
目標設定が苦手な人は、何がやりたいことが分からないという傾向が多くみられます。
なので何も考えずに紙にやりたいことを書き出してみましょう。
一見関係ないことでも、目標設定のきっかけになる事があります。
 
やりたいことを紙に書き出し、整理することで自分のやりたいことが明確になります。
 
 
 ② 目標達成のための問題点を分析する
 
目標を達成するための問題点が明確になれば、何をすれば良いのかが分かります。
 
例えば「海外旅行に行きたい」という目標を設定したとします。
その後は、なぜ現状で行けないのかを考えましょう。
「お金がない」「時間がない」「日本語しか喋れないので怖い」
など問題点が出てきたとすると、
その問題点を解決すれば目標達成に近づきます。
 
 
 ③ 目標達成のために「何が分からないのか?」を知る
 
目標に対しての情報が足りないと適切な努力はできません。
目標を達成するために情報収集を行って必要な情報が集まれば、
自然と何をすれば良いのかが明確になってきます。
 
 
 ④ 具体的な行動をスケジュールに落とし込む
 
達成したい目標だけを立てても行動につながらなければ意味はありません。
目標を立てる際には、具体的な行動をスケジュールに組み込みましょう。
 
具体的な行動とは、「本を読む」などではなく、
「○○の本を○○ページ読む」などまで落とし込むことです。
数字を付けると一気に明確になるため行動を開始しやすく、
終わりも見えるので集中力も続きやすくなります。
 
 
 ⑤ すぐに行動
 
目標を立てたときは基本的には一番モチベーションが高い状態。
その一番エネルギーがある時に、一気に行動を起こし、流れやリズムを作って、
良い習慣を作っていくことが大切です。
 
 
今回は目標を立てるためのプロセスをお話ししました。
次回は、目標を立てるためのコツをお話いたします。
 

 

目標を立てよう!の話 前編

 
 
アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆  
お気軽にお問い合わせください♪