事業所からのお知らせ

2021.04.05
川崎

睡眠の質って何で決まるの?

支援員の関です。
 
 
突然ですが、皆さんは今の睡眠に満足はしていますか?
 
 
個人的には、満足はしていません(笑)
もう少し深く寝られたらなと日々模索しています。
寝る前にアロマを嗅いでリラックスするとか、
半身浴に浸かって身体を温めるとか、
寝る前にカフェインが入っている飲み物は避けるとか…
ネットで検索すれば色々出てきて何がいいのかわからなくなります。(笑)
 
 
その中でもよく聞くのが「メラトニン」という言葉。
メラトニンはホルモンの一種で睡眠と深く関わりを持っています。
夜になると眠くなり朝になると目覚めるのは体内時計によって身体のリズムがコントロールされているからです。
無意識に身体がコントロールしてくれるなんてよく出来ているなとホントに関心しますね。
この体内時計を、24時間という地球の自転に合わせてくれるのが、
脳から分泌される「メラトニン」というホルモンです。
脳に働きかけて眠気を引き起こし、眠りにつくんですね。
メラトニンの特徴は1日のうち、目に太陽光を取り込んでから12~14時間後に始まること。
なので朝日を浴びた時間から14時間後には眠くなるという話になりますが、
じゃあ曇りの日とか雨の日は眠くならないのかというと、あれ?普通に寝ていますね。私(笑)
 
 
適度な運動をしていたり、1日のうちに食事をとって栄養素の力からもメラトニンが分泌し活性化するので私達は眠くなるんです。
とはいっても太陽光の力には及ばないので、眠りの質が悪かったり、
朝気持ち良く起きれなかったりするのは、ホルモンバランスが崩れている証拠なのかもしれません。
 
 
そんな私も結構気を付けているのが、目に入るブルーライトの量を調節していることです。
ブルーライトは紫外線に近い青色の光で、目に取り入れると脳が自動的に日中活動をしている状態に切り替わります。
なので太陽光の代わりにもなってくれるので少し便利です。
逆に夜遅くまでブルーライトを浴びていると
いつまでも昼間だと脳が認識してしまい体内時計が狂ってしまうので、
あまりスマホをみないようにしています。
どうしてもやりたい時はブルーライトカットメガネをかけていじるようにしています(笑)
これからも自分研究をしてピッタリの睡眠を探していきたいと思います。
皆さんも自分に合った睡眠方法や睡眠時間がきっとあると思います。
必ず人と同じとは限らないので色々試してみて下さいね!
 
 
 
これは事業所の前に咲いている桜です♪見てたらお団子がたべたくなりました(笑)