事業所からのお知らせ

2020.04.27
お茶の水校

自分だけ得をしたい人の話し ~怪しい隣人⑰

こんにちは
アクセスジョブお茶の水校です。
 
テレビでは連日、新型コロナウィルスのニューズが繰り返されています。
その中でも、手に入りにくい商品に飛びつく消費者の姿が移される時があります。
 
ひとり一つなのにいくつも商品を抱えて・・・
 
このような人の行動は、
「自分だけが得(満足、安心)をしたい
あるいは自分が得をするためなら、他の人は・・・というタイプ」
と言えるように思います。
 
このような人は職場にもいると思います。
 
例えば
①「この経験はあなたのためになるから」とめんどくさい、
 あるいは注目されない成果の仕事を振ってくる人
② 偉い人の権威を持ちだして、仕事を押し付けてくる人
③ 成果を挙げられない部下を「使えない」と切り捨てる人
④ 誘いを断られるとむくれる人
⑤ 自分の欠点を武器に居直る人
 
こんな人はどこの職場にもいるのではないでしょうか?
 
求を抑えられない人たち、
自分の「損得」に過剰なまでに敏感で、自分が損をしそうになると、
とたんに不機嫌を表すタイプの人たちです。
 
このような人への対処にはいくつかの傾向があります。
 
1)その人がやりたくないことを振られそうな時は
  「自分がやるとかえって手間がかかって迷惑がかかる」ことをアピール
  特に、結果的に「あなたの評価につながるんですよ」と
  伝えることは効果的です。
  もちろん、通常業務の範囲であれば断らずに受けましょう。
 
2)権威をかさに着たり、部下に対して厳しい人は自尊心の高い人かもしれません。
  うまく相手の自尊心をくすぐると
  思いがけないところで味方になってくれることもあります。
 
3)付き合いにうるさい人に対しては、適度な割り切りが必要です。
  「必ずつき合う」か「すべて断る」といった二分法ではなく、
  「半分ぐらいつき合えばいいんじゃないか」という気持ちで臨みましょう。
 
自分の利益だけを追求し、後先を考えない人は、
実際のところ、職場でもトラブルメーカーでもあります。
 
もし彼らに失敗を押しつけられそうになったときは、
自分を守るべく、毅然とした対応も必要になってきます。
 
また、そうした事態をできるだけ招かないように、
普段から上司や同僚への報告をこまめに行い、
現状への周知を促すクセをつけておくとよいでしょう。
 
自分のことしか考えない相手に振り回されてばかりいては、
あなたが成果を残すことが難しくなります。
こうした相手への対抗手段を知っておくことは、
仕事をしていく上で重要なスキルなのです。
 
 
あいだみつをさんのおっしゃった
 
うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えばあらそい わけ合えばやすらぎ
 
は、生活においても仕事においても
大事な気持ちの持ちようを言い表していると思います。
 
 
アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆  
お気軽にお問い合わせください♪ 
 
 
 
 
 
 
 
#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋