事業所からのお知らせ

2020.02.12
お茶の水校

虚栄心が強い人の話 ~怪しい隣人⑤

こんにちわ
アクセスジョブお茶の水校です。
 
虚栄心の強い人・・・どんな人かわかりますか?
 
 
「自分を良く見せたい」
「多くの人から認められたい」  
「自分という存在を大きく見せたい」  
「スゴい人だと思われたい」  
「他人に対してイイ格好をしたい」
 
 
「あー、いるいる」ってだけでなく、
「あれ?自分も・・・」とか思う人もいるのではないでしょうか?
 
人間誰しも、見栄を張ってしまうことはあります。
「格好悪い自分」「ダメな自分」を見られるよりも、
少しでも格好良い自分を見せたいと思うことは当たり前の気がします。
 
適度に見栄を張ることは、良い意味での「緊張感」であったり、
「上を向くエネルギー」を生み出みだします。
 
しかし・・・
 
・自分の能力、実績を自慢したりするが、「中身」が伴っていない人
・他人の実績や知識をさも自分のモノのようにふるまう人
・大口を叩くが、実際の「行動」には移さない人
・職業・人脈・学歴・所有物などの「ステータス」に執着する人
・嘘・大げさな言動が日常的な「虚言癖」のある人
 
このような人がいると
周りの人の気持ちが削られたり、
その人自身も自分の首を絞め、信頼を失ったり、人が離れて行ったりします。
それが職場であれば、全体の仕事にも影響を及ぼす場合があります。
 
彼らには以下のような特徴があるそうです。
 
①自分はこうあるべきだと思い込んでいる
②自分と他人を比べ、優位に立つことでしか「存在意義」を感じられない
③自分の弱さ、コンプレックスを受け入れられない
④いつも「その場しのぎ」で切り抜けようとする
⑤自分はスゴイ人間なのだから信頼され尊敬されるのは当然と思い込んでいる
⑥「虚の自分」を演じることに対して罪悪感がない、
 あるいはすでに実際の自分と区別がついていない
 
このような人にはどのように対処すればいいのでしょうか?
 
間違っていることを指摘したり
嘘であることを指摘したりしてしまうと
あなたが攻撃のターゲットになってしまうかもしれません。
 
そのため以下のことを心がけてみましょう
 
①話を真に受けず、あてにしないで受け流す
②反面教師として、自分がそうならないように心がける
③できるだけ距離をとる
 
自分に自信を持つことは悪いことではありません。
自分を信じ、大切に生きることはとても大切ですが
必要以上に大きく見せる必要はありません。
 
認められたい、尊敬されたい理想があるのであれば
今の自分を磨き上げることを心がけましょう!
 

自分のことしか考えない人 の話 ~怪しい隣人④

卑怯な人 の話 ~怪しい隣人③

何かとうるさく音をたてる人 の話 ~怪しい隣人②

人のモノを欲しがる人 の話 ~怪しい隣人①

  
 
アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆   
 
お気軽にお問い合わせください♪