事業所からのお知らせ

2021.01.30
名古屋駅前校

訓練ではなく支援。だから〝選べる〟プログラム

こんにちは! アクセスジョブ名古屋駅前です(^^ ♪

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

名古屋市内には59の就労移行支援事業所があり(令和3年1月1日現在)、

どの事業所も、自立や就労を目指す障がい者の方々を全力で支援しています。

しかし、何をどのように支援するのか、その内容は千差万別。

パソコンのスキルアップに特化した事業所もあれば、

軽作業系に特化した事業所や発達障害の方々の支援に特化した事業所もあります。

おそらく今後は、VRや eスポーツに特化した事業所も出てくるでしょう。

そんな中にあって、アクセスジョブ名古屋駅前は、

就労のための〝訓練〟の場ではなく、〝支援〟というスタンスに重点を置いて

就労準備のためのプログラムを提供しています。

その根幹となるのが〝選べるプログラム〟です。

 

〝訓練〟の場合、

メニューやカリキュラム、時間割が学校の授業のように決められていることが多く、

利用者目線で捉えると〝受動的〟になってしまいがちです。

それは、決められた軌道、つまりレールの上を走る電車に乗るようなもの。

乗ってしまえば終着駅(ゴール)まで乗せていってくれる、

という点では、就きたい仕事や目標が定まっていれば〝楽〟かもしれません。

でも、途中で〝行き先〟(やりたいことや目標)を変えたくなったとき、

自分の希望する〝行き先〟の電車に乗り換えなければならず、困ってしまいます。

 

それに対して〝支援〟は、

利用者の方が自身で定めた目標(ゴール)に向かって〝能動的〟にクルマを運転し、

支援員がルートやスピードをナビゲートしながらゴールに向かうラリーのようなもの。

あくまでも、ハンドルを握るのは利用者の方自身なのです。

 

やりたいことや就きたい仕事が異なれば、必要なスキルも異なるはず。

途中で目標を変えようとしたときにも、的確にナビゲートしたい。

そんな視点から始まったのがアクセスジョブの〝選べるプログラム〟です。

基本的な生活習慣を身につけるための自立生活支援講座、

円滑なコミュニケーション能力を自然に身につけるダイアログ式対面講座、

社会のしくみや社会人としての知識を学び直す一般常識講座、

最低限必要なビジネスマナーや基本的なビジネススキルを学ぶビジネス・プログラム、

簡単なデータ入力から Office、画像処理やプログラミングを学ぶPC講座、

自信をつけ、仕事に役立つスキルを認定してもらうための資格取得プログラムなど、

200を超えるプログラムの中から、利用者の方のニーズとウォンツに合わせて

〝学びたいことが学べる〟ようになっています。

 

目標が定まらない。何が必要かわからない。どうすればいいのかわからない。

そんな方には、ナビゲーターでありサポーターでもある支援員が

親身な姿勢で一緒に考えます。

決められたプログラムによる〝訓練〟ではなく、

できないことをできるようにするための〝支援〟の必要性を感じているなら、

ぜひアクセスジョブ名古屋駅前にお越しください。

支援員一同、みなさんをゴールまで的確にナビゲートしていきます。