事業所からのお知らせ

2020.04.23
お茶の水校

軽作業と侮るなかれの話 ~プログラム紹介②

こんにちは
アクセスジョブお茶の水校です。
 
お茶の水校のプログラムの中に「軽作業」というものがあります。
 
多くの就労移行支援事業所で取り入れられているプログラムだとは思いますが
利用者の中には
「就職してやる仕事の予行演習」的にとらえている方もいらっしゃいます。
 
軽作業のプログラムの内容としては
 
①チラシ三つ折り&DM封筒作成&封入
②ボールペン分解組立
③袋詰め(BB弾・輪ゴム・綴じ紐・ゼムクリップなど)・計量
④ボルト組立&袋詰め
⑤ピッキング
⑥シール貼り
⑦箱組立
 
等があります。
 
それぞれ単純作業ではありますが、作業を重ねていくうちに
効率化や正確さなど、実際の就労時に役立つ能力が
養われていきます。
 
具体的には軽作業には次のような目的があります。
 
①作業工程においてコミュニケーションスキルが求められているのです。
 作業の進め方にはルールがありわからない、間違えたなど報告する力がつきます。
②単純な作業を長時間続けることにより持続性が養われます。
③製品の検査をすることで集中力を高めます。
④繰り返すことで作業中の段取り、能率など自ら考える力が身につきます。
⑤自分の得手、不得手を見極めことができます。
⑥一つの仕事をやり遂げる達成感を得ることができます。
 
アクセスジョブお茶の水校では
就労に向けて必要なスキルを身に付けていただくために、
様々なプログラムを行っています
 
 
 
アクセスジョブお茶の水校では、
体験・見学や相談も随時受付中☆  
お気軽にお問い合わせください♪
 
 
#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋