事業所からのお知らせ

2020.01.30
さいたま

障害のある方のお仕事・キャリア支援 アクセスジョブさいたま 暖かいもので身を守る

こんにちわ。アクセスジョブさいたまです😊
昨日今日とあたたかく、事業所の中も陽ざしが差し込んでひだまりができています。
職員の貼るカイロの枚数も今日は1枚だそうです。
外気が冷たいとどうしても体がちぢこまります。
自分を守ろうと固く身構えているのを感じます。
駅のホームで冷たい風がふくと
ヒューっと肩を竦めませんか?
そして、ぎゅっとめをつぶってしまったりしませんか?😖
冷たい風にさらされる体の面積を小さくしているのかもしれません。
寒い最中は気が付かなくて、あとから肩こりがきて、寒かったからかなあと
思いあたることもあります。

そんなとき
マフラーをしたり、
手袋をしたり、
あたたかい上着をもう一枚はおったり、
カイロをはったりすると
あったかくなります。

日々のくらしでつらいことがあったとき
冷たい風にさらされた時のように身を守ろうとしていることがあります。

辛いことと接する心の面積を小さくしているのかもしれません。
そんなとき、暖かい何かに触れると、
それがマフラーや手袋や上着の役割をはたします。

あたたかいことば
あたたかいまなざし
あたたかいやりとり

寒い強い風のまっただなかでは目が開けられないのと同じように、
辛いときには周りにあたたかいものがあることに
気付きにくいかもしれません。

ぎゅっと身を固くして耐える時期が少しだけ和らいできて
ちょっと薄目を開けられるようになると、

あたたかいものに気がついて、自分をあたためてあげることができるかもしれないです。
暖かいものは身を守ってくれます。

また寒気もやってくるそうです。
アクセスジョブさいたまの中をあたたかくして
利用者さんたちとすごしています。