事業所からのお知らせ

2021.03.22
さいたま

面接必勝法~埼玉県の就労移行支援事業所アクセスジョブさいたま~

こんにちは。アクセスジョブさいたまです😊

 

兵法書の「孫子」に「彼を知り己を知れば百選危うからず」という名言があります。

これを「就活」に置き換えたならば、相手(応募先の会社)を知り、自分を良く知れば、

「就活面接も怖いものなし」ということでしょうか。

 

企業にとっては、自社にとって相応しい人を採用することが狙いです。

そこに応募条件が良ければ、たくさんの方が応募すると思います。

そのたくさんの応募書類の中から、「この人には会って話を聴いてみたい」と採用担当者が感じた方だけが次のステップ「面接」へ進むことができます。

従って、最初のハードルは「書類選考」です。

まずはこれをパスする必要があります。

履歴書の自己紹介で何を書くか、どうアピールするかがポイントです。

だらだらと今迄の「職歴」を書いたり、自分自身の都合を書いた内容では、会社が求めている人間なのかわかららないので、まず「面接」には進めません。

「自分は何ができので、貴社が目指す・・に貢献できると思う。

是非お役に立ちたい」とか、「自分は・・で、貴社が目指す・・とベクトル(目指す方向性)が一緒なのだ」ということを端的に記入することが重要です。

 

企業は「あたなが、どんなひとなのか、どんなポテンシャルを持っているひとなのか」を

知りたがっています。それが、企業が求めるものと合致すれば「採用」されるのです。

 

では、そもそも「企業が求める方向性」って何?とこれは応募先企業のホームページを読みまくることです。

そしてもうひとつ「自分自身」のことです。

自分がどんな人間なのか、何が得意で何が不得意で、

どんな配慮をして欲しいのかなどを実は企業は知りたがっているのです。大事なことはここなのです

 

アクセスジョブさいたまでは、「自分を知る」「自分トリセツ」を作成するプログラムも行っています。

気になる方は是非、見学・体験にお越し下さい(^^)/