事業所からのお知らせ

2020.08.28
お茶の水校

高いのか?低いのか?自己評価の話

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

皆さん、「自己評価」ってしたことありますか?

 

よく「無能な人ほど自分を過大評価する」と言われていますが、

実は、これは「能力の高い人ほど自分を過小評価するが、能力の低い人は自分を高く評価する傾向にある」という

心理学の研究から起因しています。

しかし、最近これは無能な人だけでなく、どんな人にも起こり得ることがわかってきました

 

この心理効果は対象者の「知識量」や「ナルシズム的性格」にも影響されることも明らかになっています。

人間はその分野についての知識が少ないほど、まったく知識を持っていなかった自分と比較して、

少しだけ知識を持った自分に対する自信が大きくなります。

しかし、知識量がある一定のラインを超えると「自分の知らない知識がどれほど存在するのか」が見えてくるようになり、

自分よりも多くを知っている本物の専門家が、どれほどすごいのかを理解することができるようになるのです。

つまり『人間は自分の「能力」に対しては自信過剰になりやすく、自分の「評価」に対しては自信を喪失しやすい』

ということになります。

人は、自分の自己像を正しく理解しようとしても、なかなかうまくいかない生き物なのです。

 

簡単にまとめると

  • どんな人でも、自分の能力を過信する
  • 自分の能力を正確に知るには、知識を増やすこと
  • 知識が少ない人ほど、思考は偏り、自分の考えに自信を持ちやすい

と、言うことになります。

この意識には、「メタ認知」ということが深く関わってきます。

メタ認知とは、簡単に言うと、「自分を正しく客観的に認知する能力」のことで

それについては、また改めて書こうと思います。

ちなみに、アクセスジョブお茶の水校では、プログラムとしてご用意しています。

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

 

 

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋