事業所からのお知らせ

2020.03.02
名古屋駅前校

2つの指標

こんにちは! アクセスジョブ名古屋駅前です(^^♪

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

このブログを読んでいるみなさんは、「働きたい」「自立したい」「社会貢献したい」という目標を持って、

障害や難病と闘いながらいろいろなスキルを身につけようと、日々、頑張っていることと推察します。

今日は、その「目標」についてのお話しです。タイトルは「2つの指標」。

 

まず、「指標」とは、「物事の見当をつけるための目印」です。

目的地までの途中にある、いくつかの道標(みちしるべ)と言ってもいいでしょう。

特に、ビジネスにおける経営戦略や問題解決などにおいては、次の2つの指標が必要になります。

・KGI: Key Goal Indicator(目標達成指標)目標が達成されているかどうかを計測するための指標。

・KPI: Key Performance Indicator(業績評価指標)目標(KGI)達成への過程を計測する中間指標。

 

ごく簡単な例を挙げておきます。

「今、夕方の5時。明日の正午までに名古屋から札幌駅構内のスタバへ行かなければならない」とします。

今日はもう間に合わないので、明朝、セントレア発 9:20 の「ANAの703便、千歳行き」に乗らなければ。

6時までに旅行代理店へ駆け込んで搭乗券を買おう。明日は6時に起きて6時半に出発。

地下鉄を乗り継いで、名古屋駅 8:00 発の快速急行でセントレアへ。

セントレアには 8:39 に着くから飛行機には間に合うぞ。

千歳着は 11:05 だから、11:22 発の快速エアポート113号に乗れば札幌着は 11:52。セーフ!

この例では、KGI は「明日の正午に札幌着」になり、

「搭乗券購入」「起床時刻」「出発時刻」「快急乗車時刻」「快速乗車時刻」などは

すべて KPI になります。

つまり、最終ゴールが KGI であり、途中のクリアしなければならないハードルが KPI となるわけです。

 

ビジネスの世界では、例えば、

「目標は6月までの売り上げ2千万円」だから「4月までに7百万円売り上げる」とか

「8月までに新規20店舗を出店する」から「5月までに10店舗を出店する」のように、

KGI も KPI も数字で(定量的に)示されます。

実際には、どの店舗でいくら売り上げ、いつまでにどれだけ商品を発注し、いつまでに用地買収を終え、

いつまでに店舗を建て、いつまでに従業員を雇って教育するか、などなど、数多くの KPI が設定されます。

大前提としての KGI があり、日程や数量などを逆算しながら必要な KPI を設定していくのです。

 

「働きたい」「自立したい」「社会貢献したい」という目標を持って頑張っているみなさん。

KGI とKPI は明確に設定されていますか。

「就職」という目標に対して、KGI や KPI を定量的に数字で設定することは難しいかもしれません。

が、例えば「9月からPCを使った事務職で働きたい」という目標(KGI)があるなら、

面接は8月初旬に、面接練習と履歴書送付は7月中に、エクセル上級編を6月中にマスターして…

といった指標(KPI)が設定できるはず。

 

まだ、具体的な KGI も KPI も定まっていないという人は、

ただ闇雲に頑張るのではなく、目標(KGI)と指標(KPI)を設定する時間を作りましょう。

KGI と KPI はポジティブに就活するための道標。

決して焦らずに、じっくり時間をかけて検討してみてください。

 

アクセスジョブ名古屋駅前では、ひとりひとりの KGI に合わせて

「3か月目標」や「6か月目標」などの KPI を設定するプログラムがあり、

利用者の方とスタッフが相談しながら歩を進めています。

なかなか目標が絞り込めない方、何をどう決めればいいのか心配な方は

是非、アクセスジョブ名古屋駅前をお尋ねください。

きっと「何か」が見えてくるはずです。