事業所からのお知らせ

2020.10.21
名古屋駅前校

📯上手に節約するには その②📯

こんにちは、アクセスジョブ名古屋駅前です!

前回までで、「1. 変化を受け止める、2. 家族みんなで協力する、3. お金の流れを把握する」をご紹介いたしました。今回は「出費を抑える」をご紹介いたします。

 

  1. 不必要な出費を抑える

 

収入と支出を比べて「より重要なことを見極め」ていきましょう。今の収入でやっていくためにどこを削れるでしょうか。項目ごとに考えてみましょう。

 

  • 車の維持費と交通費: 車を何台か持っているなら,1台手放せますか。維持費の安い車に乗り換えることはできますか。車を手放して交通機関や自転車だけでもやっていけるでしょうか。

 

  • 娯楽費: しばらくの間,動画配信,衛星放送,ケーブルテレビなどのサービスを解約できますか。お金をかけずに楽しむ方法があるでしょうか。例えば,地元の図書館で映画,電子書籍,オーディオブックなどを無料で借りられるかもしれません。

 

  • 水道光熱費: 電気,ガス,水道代をどうすれば節約できるか,家族で話し合いましょう。電気をこまめに消したりシャワーの時間を短くしたりするなど,ちょっとした心掛けで費用を抑えることができるかもしれません。

 

  • 食費: 食材をまとめて買い,多めに料理します。残りを上手に活用しましょう。買うもののリストを作ってから出掛ければ,衝動買いしなくて済みます。旬の食材は安く手に入ります。ジャンクフードを買うのを控えましょう。家庭菜園も良いかもしれません。

 

  • 衣服費: 流行に付いていこうとして次々に服を買わないようにしましょう。服が傷んできたら買い替えます。セールシーズンに買ったりリサイクルショップを利用したりできます。天気の良い日に洗濯した服を外に干すことができますか。そうすれば乾燥機の電気代を節約できます。

 

  • 本当に必要なものか考える。買う前にこう考えましょう。「これを買うだけの余裕があるだろうか。本当に必要なものだろうか」。電化製品,パソコンやスマホ,車を新しいモデルに買い替えるのを待てますか。使わなくなったものや必要なくなったものを売ることができますか。そうすれば生活はシンプルになり,収入の足しになります。

 

ポイント 収入が大きく減ってしまったら,たばこや賭け事,お酒の飲み過ぎなど,お金のかかる習慣を抑えるチャンスです。そうした習慣を抑えれば,費用が浮くだけでなく生活のクオリティーが上がります。

 

参考になるようでしたらご活用ください。