事業所からのお知らせ

2020.06.01
札幌北24条

☆アドラー心理学☆その4

こんにちは!

就労移行支援事業所アクセスジョブ札幌北24条校です!

 

大変お久しぶりになってしまいましたが、アドラー心理学のお話をします!

以下のリンクから、以前のお話も読めますので、ぜひ読んでみてくださいね(◦ˉ ˘ ˉ◦)

 

☆アドラー心理学☆その1

☆アドラー心理学☆その2

☆アドラー心理学☆その3

 

 

本日は、5つの柱のうちの3つ目、全体論についてのお話です

 

「心の中が矛盾し対立する生き物ではなく、一人ひとりかけがえのない、分割不能な存在である」

 

つまり一体どういうことでしょうか‥‥?

 

 

意識や理性ではわかっているけど、どうしても無意識に何かをしてしまったり、感情が制御できないときってありますよね

 

太るとわかっているが、ついつい食べ過ぎてしまう

朝がつらいのはわかっているけど、どうしても夜更かししてしまう

などなど

 

これらは意識と無意識、理性と感情、などの矛盾や対立を強調しているのですが、

アドラーの全体論は、これとは少し異なる考え方をしています

 

理性と感情は、相補的・協力的である

 

という意識で、以下の話を読んでみてください

 

 

ポイント① 感情は、身体・思考・行動と密接に関連している

 

身体と感情のつながりは、ぐっすり眠った後(身体)の爽快感(感情)などイメージしやすいですよね

思考と感情のつながりは、たとえばルールを破った人にイラっと(感情)したとき、ルールは守るものである(思考)という部分に由来しています

 

 

ポイント② 思考は「理性的回路」を、感情は「非理性的回路」を担う

 

私たちの行動の多くは、「理性的回路」を通っています

しかしこの理性的回路は、行動に至る際に停滞気味になることが多いのです

 

そんな時、思考の領域からの指令で、非理性的回路を通って一気に行動してしまうことがあります

たとえば衝動的に買い物したり、突発的に怒鳴ってしまったり

 

 

このように、理性と感情など、相反すると思われる二つは、

同じ方向を向いて、お互いを補い合っており、

そういった意味でも、パーソナリティには統一性があるのです

 

 

いかがでしたか?

今回は少し難しいお話でしたが、雰囲気は感じ取っていただけているとうれしいです(◦ˉ ˘ ˉ◦)

 

アドラー心理学を知りたいと思うきっかけになれれば幸いです(⁎˃ᴗ˂⁎)

 

 

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

アクセスジョブ札幌北24条校では、自立支援医療をご利用の方や

下記のような診断のある方のお仕事や生活の悩みやご不安の相談をお受けいたします。

広汎性発達障害 ・ADHD ・LD ・ASD ・統合失調症 ・適応障害

双極性障害 ・気分障害 ・不安障害 ・うつ など    

 

外に出たくない、こんな世の中だからこそ、

訪問相談はもちろん、【LINE】や【Zoom】を利用した相談会も実施しています!

 

ご予約・ご相談は、以下のいずれでもOKです!

電話:011-788-4955 

メール: AJsapporo24@gmail.com 

ツイッター: https://twitter.com/aj_sapporo24 

フェイスブック: https://www.facebook.com/accessjobsapporo24jyoukou/ 

ライン: @643zgypr  

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

 

お好きな方法で、お気軽にご連絡くださいませ\(*ˊᗜˋ*)/

 

≪≪ 個別支援型 ≫≫

一人ひとりの状況や希望に合わせた、オーダーメイドの支援を行います(*´˘`*)