事業所からのお知らせ

2021.03.11
お茶の水校

東日本大震災のこと

こんにちわ

アクセスジョブお茶の水校です。

 

皆さん、10年前は何をされていましたか?

東日本大震災を経験された方は、今でも忘れることができない出来事として

記憶に刻まれているのではないでしょうか?

 

東日本大震災については、その後「絆」と言う感じが「今年の漢字」になったり

周囲との関係を見直す機会になったとう人も多いのではないでしょうか?

 

ちょっと前のことになりますが、2017年2月9日の河北新報に以下のような投稿があります。

 

自分たちは、震災後、多くの意味づけを行いました。

確かに、それはつらい思いからの逃げかもしれません。

 

本当は何の意味もなく、起こらなかったことのほうがいいに決まっている。

とても心に染みる投稿だと思いました。

 

世界全体に占める日本の災害発生割合は,マグニチュード6以上の地震回数20.8%。

これは世界第4位で、国土面積からすると大変高い確率です。

私たちは、このような災害が起こることが当たり前として

常に備えが必要です。

 

東日本大震災がもたらせてくれたもの・・・それは自然災害の恐ろしさと

そこから広がる人災の恐ろしさの気づきと再認識。

そしてそれらへの備えの気持ちなのかもしれません。

 

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋