事業所からのお知らせ

2020.09.21
名古屋駅前校

🌷健康について🌷

こんにちは、アクセスジョブ名古屋駅前です!

随分と涼しくなってまいりましたね。お元気にお過ごしでしょうか?

 

今回は、「健康」について考えてみましょう。

厚生労働省による都道府県別生命表(2015年)で都道府県別にみていくと、男性で最も平均寿命が長いのが「滋賀県」で81.78歳。「長野県」81.75歳、「京都府」81.40歳。

  一方、女性で最も平均寿命が長いのが「長野県」で87.675歳。「岡山県」87.673歳、「島根県」87.64歳、「滋賀県」87.57歳。

男性でも女性でも上位にランキングされている「長野県」や「滋賀県」は、“長寿県”とのこと。

「長野県」は1975年以降、常に平均寿命の上位にランクインし、よくその理由が考察されています。野菜の摂取量が多い、喫煙率や肥満率が低い、高地だから自然と内臓が鍛えられる――。「まさか…」と思える考察もありますが、県が一体となって進めた様々な取り組みによるところが大きいといわれています。特に元々雪国で塩分摂取量が多く、脳卒中の比率が高い地域だったため、行政が直接、調理指導・減塩指導を行ったことで、住民の食生活が改善。平均寿命が飛躍的に伸びるきっかけになったようです。

 

また健康のために心がけていることとして、「栄養バランスのとれた食事」が59.4%でトップ。「定期的な健康診断」が53.3%、「十分な睡眠、休養」が53.0%、「体を動かす(散歩やスポーツ」47.6%と続きます。また精神的な健康も重要と考えるむきがあり、「気持ちを明るくもつ」が47.4%と半数近く占めるのが、記者も興味深いところと話しています。

 

体を動かすこととしては、高齢者の運動としてパッと頭に浮かぶ「ウォーキング」が29.8%、「運動(ジョギング、水泳など)」25.9%。さらに高い回答率となったのが「散歩、買い物」65.9%、「家事」53.5%、「仕事」36.5%と、多くの高齢者が日常のなかで自然と体を動かすように心がけていることがわかります。

このように、いまどきの高齢者は高い意識をもち、健康維持に努めている姿が浮き彫りになりました。

このことから、「バランスの良い食事、十分な休息、適度な運動」は健康に大きな影響を及ぶことがわかります。

これらのことに心掛けて、皆様が健康でいられますように。

 

アクセスジョブ名古屋駅前では、「食と栄養」の他に、ストレッチイベントも取り入れ健康維持に役立つプログラムを用意しております。

どうぞ、見学にいらしてください。