事業所からのお知らせ

2021.03.25
お茶の水校

文章を書くことを好きになろう!の話 ①

こんにちは。

アクセスジョブお茶の水校です。

 

突然ですが、あなたは説得力のある文章を書くことができますか?

 

ビジネス文章やプレゼンの資料、メールに、ブログに、SNS……。

現代人は文章を書く機会が多く、文章でコミュニケーションを取ることが身近になってきています。

相手に伝わりやすい説得力のある文章が書けるようになると、

たとえ顔が見えなくても、他人に自分のことを知ってもらいやすくなります。

どうすれば、そのような文章を書けるようになれるのか? 

 

実は、「PREP法(プレップ法)」という便利な文章構成方法があります。

 

PREP法は、書く内容の順番を頭文字にしたものです。

「結論→理由→具体例→結論」の順番に文章をまとめます。

P……POINT(結論)

R……REASON(理由)

E……EXAMPLE(具体例)

P……POINT(結論)

 

上の説明を見て、「おや?」と思った人もいるかもしれません。

そうです、P(結論)が二回出てくるのです。「大事なことなので二回言いました」というやつです。本当に伝えたいことである「結論」を二回言う間に、「理由」と「具体例」を挟むことによりリアリティが増し、説得力のある文章になります。

 

【例文】

POINT(結論) 私は、桃が好きです。

REASON(理由) 桃は柔らかくて果汁が甘くて、美味しいからです。

EXAMPLE(具体例) 桃が旬である夏になると、週に一回は桃を買って帰ります。帰宅してすぐ、我慢できずに二つくらいはペロリと食べてしまいます。皮を剥くと新鮮な果汁が溢れてきて、柔らかくて甘い実を頬張って食べると、ととても幸せな気持ちになります。

POINT(結論) だから、私は桃が好きです。

 

いかがでしょうか? 上の文章を読んでいただくと、

「桃が好きなんだなぁ」という情報がすんなりと頭に入ってきたのではないでしょうか。

文章の内容としては大きく分けて三つだけですが、

並び順を「結論→理由→具体例→結論」にしただけで、言

いたいことがストレートに伝わる文章となります。

相手を説得したい時や、なにか伝えたい思いが強くある時などに、

ぜひPREP法を使ってみてくださいね!

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋