事業所からのお知らせ

2020.08.14
札幌北24条

☆夏バテにお気を付けください☆

こんにちは!

就労移行支援事業所 アクセスジョブ札幌北24条校です!

 

みなさまはお盆休み、いかがお過ごしでしょうか?

暑い日々が続いていますので、無理をせず体調を最優先に生活していただきたいなと思います。

 

 

さて本日はそんな夏バテについて、

夏バテになりやすい生活の特徴と、対策のお話をします。

 

特徴① 冷房の効いた部屋にいることが多い

屋内外で温度差があると、自律神経が乱れやすくなり、体温の調整や胃腸の働きにも悪影響を与えてしまいます。

設定温度を少しだけ高くしたり、上着を羽織るなど、体を冷やしすぎないように心がけましょう。

 

特徴② 冷房をかけたまま寝る

寝るときも冷房が効いていると、体への負担が大きくなります。

設定温度を高くしたり、タイマー機能を利用するなどして、体への負担を小さくできるようにしたいですね。

ただし夜中も気温が下がらない地域では、体が冷えない程度でエアコンをかけて寝た方が安全ですよ。

 

特徴③ 冷たい飲み物をたくさん飲む

冷たいものの飲みすぎは、胃腸の働きを低下させ、食欲不振を招く可能性があります。

常温以上の飲み物を飲むようにすると良いでしょう。

 

特徴④ 冷たい食べ物ばかり食べてしまう

冷たくてあっさりとした食べ物は、栄養が不足しやすくなってしまいます。

エネルギー不足が、だるさや疲労感の原因になることもあります、栄養のバランスよく食べることを心がけましょう。

 

特徴⑤ 日中に屋外にいることが多い

汗をいっぱいかくと、体はどんどん脱水気味になっていきます。

スポーツドリンクなどで、水分とミネラルをしっかり補いましょう。

 

特徴⑥ よく眠れない

寝不足による疲労は、夏バテの大きな要因です。

寝る前にぬるめのお風呂につかったり、氷枕や除湿機などをうまく使い、深く眠れるようにしましょう。

 

 

以上が夏バテの基本的な対策です。

 

部屋が暑すぎると熱中症の危険性も高くなってきます。

適度にバランスを取り、体に優しい日々をお過ごしください。

 

まとめ:体に優しい生活の基本

・栄養をしっかりとる

・水分とミネラルをとる

・しっかり寝る

 

 

それでは。

残りのお休みも、皆さまにとって楽しく素敵な夏の思い出になりますように。