事業所からのお知らせ

2021.02.01
お茶の水校

モチベーションを上げていこう!の話  前編

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

何かを継続するとき、モチベーションという言葉は大きなカギになります。

皆さんも、モチベーションを維持する・・・とか、モチベーションが上がるとか

一度は使ったことのある言葉だと思います。

さて、このモチベーションっていったい何なのでしょうか?

 

モチベーションとは人が行動を起こす意欲や、やる気のことです。

何かに取り組まなければいけないときや、継続が必要なことに取り組んでいるとき、

このモチベーションを持ち続けられることはとても大切なことです。

かと言って、このモチベーションを維持し続けるのはなかなか大変なことです。

 

まずは、このモチベーションが上がらない、維持できない理由を考えてみましょう。

 ① 目的や目標が決まっていない

何を目指しているのかがはっきりしない場合、そのやる気が出せないのは当然です。

モチベーションを上げなくてはとただ漠然に思うだけでは、なかなか行動に移すことはできません。

 

 ② 目的や目標が高すぎる

目的や目標を定めているのに、モチベーションが上がらない時もあります。

そんな時は、目的や目標が高すぎるのかもしれません。

簡単に到達できな目標を掲げていると、その目標にたどり着くことが困難で無理のような気がしてしまうものです。

いくら頑張っても成果が上げられない、目標にたどり着けないため、たとえ最初はモチベーションがあったとしても、

目標を達成する前に息切れしてしまうのです。

 

 ③ 周囲のモチベーションが低く、流されてしまっている

モチベーションを高く保つためには、環境も大切です。

同じような目標を持っている人が周囲にいると頑張りやすいものですが、

逆に周りのモチベーションが低いと、自分自身のモチベーションを高く持ち続けることは難しくなってしまいます。

周囲のやる気のなさがうつってしまい、努力をするの無意味に感じてしまうのです。

 

 ④ 諦め癖がついており、自己肯定感が低い。

過去の失敗や挫折から、大した努力をする前に諦めてしまう癖がある人も少なくありません。

頑張ってもどうせうまくいかないのだろうという自己肯定感の低さにより、

最初からモチベーションを上げることができないのです。

 

 ⑤ 好きではないことをやっている

自分の好きなことに対しては、どんな努力や苦労も惜しくないものです。し

かし、自分が達成しようとしている目標が周囲から与えられたものである場合、

自分が本当にやりたいことではないものである場合は、

モチベーションを持ち続けることは難しくなってしまいます。

 

 ⑥ 目標達成の方法が不透明

目標は持っているし実現したいという意欲はあるのに、どうしても目標達成に向けて全力を出せないという人もいます。

達成したい目標はあるけれど、それを実現する方法が不透明なのかもしれません。

 

 ⑦ 頑張っても評価されない

努力をするのは自分のためと分かっていても、周りから全くその努力を認められないのは辛いもの。

一生懸命頑張っているのに、周囲から正当に評価してもらえないことが続くと、

努力し続けることが空しく感じてしまいます。

いかがでしょうか?

 

意外と思い当たること、多いのではないでしょうか?

 

中編では、「モチベーションを上げるには」について

お話をしたいと思います。

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋