施設からのお知らせ

2019.09.18
お茶の水校

Re:ゼロから学ぶ敬語の世界

こんにちわ

アクセスジョブお茶の水校です。

 

振り返ってみると、生活の中で「敬語」を使う機会は

意外と多いことに気が付きます。

しかし、せっかく「敬語」を使ったつもりでも

間違った使い方をしてしまえば、相手に不快感を与えてしまいます。

 

お茶の水校では、ソーシャルスキルの一環として

「敬語」について学んでいただくプログラムを用意しています。

 

今日はその中で利用者様に「敬語診断テスト」を行って頂きました。

全部で60問ほどありましたが、下記のような内容です( ;∀;)

 

<敬語診断テスト>一部抜粋————————-

①敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.社長が申し上げられた通りです。

2.社長が言われたとおりです。

3.社長がおっしゃったとおりです。

 

②敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.すみれ財団の理事長様が、遅れて参られるそうです。

2.すみれ財団の石田理事長が、遅れていらっしゃるそうです。

3.すみれ財団の理事長が、遅れてお越しになるそうです。

 

3択の問題ですが、どのように間違っているのかを答えて頂きました。

就職する前に是非ともマスターしておきたいものです。日頃使っていないとなかなか回答できない問題もありますが、今日の利用者の方は正答率80%でした(^_-)-☆

 

ちなみに、上記①②の解答と解説です。

① 解答1

目上の人の「言う」は「おっしゃる」「言われる」です。二つを比べた場合、「おっしゃる」の方が丁寧な言い方です。「申す」「申し上げる」は自分が目上の人に何かを「言う」ことを表す言葉です。「れる」をつけても目上の人の「言う」を表すことはできません。

 

② 解答1

目上の人が来ることは「参られる」ではなく、「いらっしゃる」「お越しになる」「お見えになる」です。「支店長」や「社長」は、それだけで相手を敬った呼び名です。「様」をつける必要はありません。

 

みなさんは、上手に「敬語」を使いこなせていますか?

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

お問合せ、体験・見学のお申し込みはホームページから

個別就労支援プログラムで「自分らしい就職」を。

電話、メールでも受け付けています。

mail : aj.ochanomizu@kurazemi.co.jp

tel :  03-6811-7772