事業所からのお知らせ

2021.02.01
お茶の水校

節分の話

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です。

 

2月の声を聞くと、まず「節分」です。

最近は「豆まき」よりも、「恵方巻」がすっかりフューチャーされて

なんだか「開運」のイベントのようになっています。

今回は、節分を見直してみよう・・・というお話です。

 

本来、節分とは季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。

ところが、旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、

大晦日に相当する大事な日でした。

そこで、立春の前日の節分が重要視され、節分といえばこの日をさすようになったのです。

昔は、季節の分かれ目、特に年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、

さまざまな邪気祓い行事が行われてきました。

 

豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事です。

古代中国では、大晦日に「追儺(ついな)」という邪気祓いの行事がありました。

これは、桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事です。

これが奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられました。

その行事のひとつ「豆打ち」の名残が「豆まき」で、江戸時代に庶民の間に広がりました。

豆を”打つ”から”まく”に変わったのは、農民の豊作を願う気持ちを反映し、

畑に豆をまくしぐさを表しているからだといわれています。

 

最近定着しつつある恵方巻ですが、

大阪発祥の風習ですが、関西地方で親しまれ、現在は全国的な広がりをみせています。

 

恵方巻は、その年の恵方を向いて丸かじりすると願い事が叶い、

無病息災や商売繁盛をもたらすとされる縁起のよい太巻きです。

恵方巻には、縁起よく七福神にちなんで7種類の具を入れ、巻き込んだ福を逃さぬよう丸ごと1本、

恵方を向いて無言で食べきるとよいとされています。

また、太巻きを鬼の金棒(逃げた鬼が忘れていった金棒)に見立てて、鬼退治ととらえる説もあります。

 

さて、ご存知の方も多いと思いますが、今年は2月2日が節分。

例年より1日早くなっています。

これは立春が1日ズレたからです。

なぜ立春の日がずれるかというと、ざっくり言うと閏年(うるうどし)と同じ感覚。

1年間を二十四節気に当てはめて定期的な運用をしようとすると、

1年に少しずつ誤差が出てきて、ずれが生じるわけです。

その調整と言いますか、ずれた結果、2021年は2月3日が立春にあたるわけですね。

今年は各神社の豆まきの行事でも、

参加する人は「福は内、鬼は外」の掛け声を出さず

静かな豆まきが多いようです。

皆さんも、心の中で思いっきり叫んで福を呼び込みましょう!

 

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

お問合せ、体験・見学のお申し込みはホームページから

https://accessjob.jp/ochanomizu_aj

電話、メールでも受け付けています。

mail : aj.ochanomizu@kurazemi.co.jp

tel :  03-6811-7772

東京都千代田区神田駿河台2-11-1駿河台サンライズビルB1
(3F相当の明るい日差しが差し込む事務所です)

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋