事業所からのお知らせ

2020.12.28
お茶の水校

疲れたときに思って欲しい事の話 後編

こんにちは

アクセスジョブお茶の水校です

 

今回は、「疲れたときに思って欲しい事の話 前編」の

続きになります。

 

 ⑥悔しいときは思いっきり悔しがろう

ぎりぎりうまくいかなかったときは、挫折感・敗北感・屈辱感の3拍子。

ぎりぎりうまくいかなかったからこそ、悔しい気持ちが余計に大きくなります。

こういうときは、まず思いきり悔しがりましょう。

悔しさは、悔しいときしか味わえません。

「残念だ。悔しくて悔しくて、体の震えが止まらない」

挫折感・敗北感・屈辱感を存分に味わって、涙が出るほど悔しがりましょう。

「こんな悔しさは二度と味わいたくない。次こそはうまくやってやるぞ」

悔しい気持ちが残っているうちに、間違った問題を見直して、二度と間違えないように復習しましょう。

悔しさをプラスに転化すれば、すさまじい力を発揮できるでしょう。

悔しいパワーをうまく活用すれば、次こそはうまくいくはずです。

 

 ⑦愛する人が、愛される

人と接するときには、愛する気持ちを持ちましょう。

愛と言えば、男女の恋愛関係をイメージするかもしれませんが、そうではありません。

相手を自分にとって大切な存在としていとおしく思い、心から丁寧に接することです。

相手から優しくされたり助けてくれたりしたから、愛するのではありません。

相手から嬉しいことをされなくても、最初に無条件でこちらから愛するのです。

たとえ、相手があなたを嫌いであっても、あなたは相手を好きになりましょう。

人間関係には、鏡の法則があります。

あなたが相手を愛すると、不思議なことに、相手からも愛されるようになります。

愛する人が、愛されるのです。

 

 ⑧謝罪のときは、余計な言い訳をしない

自分が悪いと思ったら、余計な言い訳をせず、素直に謝ることです。

「余計な言い訳をしない」と言うのがポイントです。

一言でも言い訳をすると、謝罪の効果が半減します。

誠実に謝ろうとする姿勢が欠け、わびる気持ちが伝わりにくくなるのです。

場合によっては、怒っている相手を余計に怒らせてしまうこともあります。

事実であろうとなかろうと、相手に迷惑をかけてしまったなら、まず謝罪です。

余計な言い訳をしたくても、ぐっとこらえましょう。

自分が悪いと思ったら、素直に「ごめんなさい」と謝るだけです。

 

 ⑨大変な仕事は、にこにこしながらすると、楽になる

大変な仕事は、にこにこしながらしましょう。

歯を見せるほど、大げさに笑う必要はありません。

口の両脇を少し上げて、楽しそうにほほえみを浮かべる程度で十分です。

にこにこしながら大変な仕事をすると、脳は「楽しんでいる」と錯覚するようになります。

すると、脳からストレスを和らげるホルモンが分泌され、苦しみの感じ方が軽くなるのです。

 

 ⑩握り拳を作り「さあ、やるぞ」と言うだけで、やる気が出る

握り拳を作り「さあ、やるぞ」と言ってみましょう。

「さあ、やるぞ」と言うときは、安易な気持ちではなく、本気の気持ちになるのがポイントです。

ぎゅっと握り拳を作ることで、体に緊張感を発生させることができます。

「さあ、やるぞ」という一言を唱えることで、自分に言い聞かせることができ、気合が入るのです。

 

 ⑪無駄と思えば、無駄になる。ためになると思えば、ためになる。

ある出来事があったとき、無駄になるのか、ためになるのか。

それを決めるのは、あなた次第です。

出来事が重要なのではありません。

重要なのは、あなたの心です。

考え方によって、現象の善しあしは、いかようにも変わるからです。

無駄になると思えば、無駄になります。

たとえ有益な授業でも、本人が無駄だと思って学ぶ気がないと、先生の話は素通りになります。

「つまらない」「意味がない」「不毛だ」と思うと、学びに気づけません。

何も吸収せず、まさしく無駄な時間が過ぎるだけ。

本人が無駄と思えば、有益であっても、無駄になるのです。

 

いかがでしょうか?

疲れたとき、どうしても自分自身を否定しがちになります。

でも、疲れている時も、元気な時も、自分自身であることには何の変りもありません。

前を向くことが難しくても、「前を向きたい」と思う気持ちが何より大切なのかもしれません。

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

お問合せ、体験・見学のお申し込みはホームページから

https://accessjob.jp/ochanomizu_aj

電話、メールでも受け付けています。

mail : aj.ochanomizu@kurazemi.co.jp

tel :  03-6811-7772

東京都千代田区神田駿河台2-11-1駿河台サンライズビルB1
(3F相当の明るい日差しが差し込む事務所です)

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋